【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件における浴室乾燥機の必要性をご紹介!

賃貸物件における浴室乾燥機の必要性をご紹介!

賃貸物件における浴室乾燥機の必要性をご紹介!

賃貸物件を選ぶときはどのような設備が付いているのか、備え付けの設備がライフスタイルに合っているのかを見極めることが大切です。
浴室乾燥機もさまざまなメリットがある一方で、住む人によってはデメリットもある点に注意しなければなりません。
そこで今回は浴室乾燥機の必要性や種類をご説明するとともに、賃貸物件に浴室乾燥機を後付けできるかどうかについてもご紹介します。

賃貸物件に浴室乾燥機は必要?

選んだ賃貸物件に浴室乾燥機が付いていると、雨の日でも洗濯物を干しやすいメリットがあります。
浴室乾燥機がない物件では天気が悪ければ洗濯ができなかったり、部屋干しをするしかなかったりします。
浴室乾燥機はボタンを押すだけでいつでも洗濯物を乾かせるため、仕事の制服や子どもの部活着などを毎日洗わなければならない方にもおすすめです。
暖房機能付きであれば、冬場のヒートショックを防止できるメリットもあります。
とくに高齢者や幼い子どもは気温の変化に弱いため、浴室乾燥機を活用することによって急激な室温変化を防げます。
一方で、浴室乾燥機付きの物件は家賃が高くなりやすい点に注意が必要です。
乾燥機能を頻繁に活用すると電気代も高騰しやすいため、毎月の支出を抑えたい方は雨の日だけ利用するなど使用頻度を考えなければなりません。
また、フィルターを定期的に清掃しなければならないデメリットもあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件に付けられる浴室乾燥機の種類

浴室乾燥機には、大きく分けてガス式と電気式の2種類があります。
ガス式は浴室の外に設置したガス温水器で作り出した熱を使って乾燥させるもので、乾燥させるパワーが強い点が特徴的です。
電気式は浴室に設置された乾燥機本体のなかで作り出した熱を使って乾燥させるもので、電気ヒーター式とヒートポンプ式に分かれます。
浴室とは別の場所に温水器を設置しなければならないガス式と比べて、電気式は省スペースで設置できます。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

賃貸物件に浴室乾燥機は後付けできる?

賃貸物件で浴室乾燥機を後付けするときは、管理会社や大家さんの許可を得なければなりません。
許可を得ず勝手に設置すると契約違反となり、退去を求められるなどトラブルに発展する可能性があります。
管理会社や大家さんに許可を得て浴室乾燥機を付けられた場合でも、賃貸物件は原状回復しなければならず、基本的には退去までに元に戻す必要がある点に注意が必要です。
浴室の広さや設備が理由で浴室乾燥機を設置できないケースもあります。
たとえば設置するスペースがない、換気扇が元々付いていない、設置場所が照明と近すぎて危険などの理由がある場合は浴室乾燥機の後付けは難しくなります。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

賃貸物件に浴室乾燥機は後付けできる?

まとめ

賃貸物件に浴室乾燥機があると、洗濯物が溜まりにくくなったり、暖房や換気などの機能を活用できたりするメリットがあります。
一方で電気代が高くなるなどのデメリットもあるため、自分や家族の生活にどの程度必要な設備なのかを慎重に検討しましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|賃貸物件でもDIYできるディアウォールとは?その種類や作り方をご紹介   記事一覧   家具家電付き賃貸物件と家電購入の金額を比較!メリット・デメリットも解説|次へ ≫

トップへ戻る