【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 家具家電付き賃貸物件と家電購入の金額を比較!メリット・デメリットも解説

家具家電付き賃貸物件と家電購入の金額を比較!メリット・デメリットも解説

家具家電付き賃貸物件と家電購入の金額を比較!メリット・デメリットも解説

アパートやマンションなど賃貸物件への引っ越しでは、家電や家具を買ったり運び込んだりしなければなりません。
それを負担に感じる場合には、家具家電の備え付けられた賃貸物件を探してみるのもおすすめです。
そこで今回は、家具家電付き賃貸物件とそうでない場合の金額の比較をしたのち、家具家電付きにするメリット・デメリットを解説します。

家具家電付き賃貸物件と購入した場合の金額を比較してみよう!

家具家電付きの賃貸物件には、最低限生活に必要なベッドや机などの家具、洗濯機や冷蔵庫などの家電が備え付けられています。
それらを自前で購入して物件を借りるとなると、それだけ初期費用が必要です。
家具家電付き賃貸物件に住む場合と自前で購入する場合を比べると、入居1年目は家具家電付きのほうが出費が少なく済みます。
家具家電を購入するのにはおよそ23万円かかるといわれますが、家具家電付き賃貸物件であればその分の投資が不要です。
家具家電付きの家賃を6万円、家具家電なしの家賃を5万の家賃として計算しても、家具家電付きのほうが11万円ほどお得です。
しかし、入居2年目からは、家具家電付きの割高な家賃がかさむため、家具家電を購入しているほうが年間の出費は少なくなります。
つまり、長い期間住み続けるケースでは、家具家電を購入して住むほうが総合的に出費は抑えられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

家具家電付き賃貸物件に住むメリットとは?

家具家電付き賃貸物件に住むメリットの1つ目は、初期費用が抑えられることです。
家具家電なしの賃貸物件に住むのには自前で購入が必要で、おおよそ23万円かかるといわれています。
家具家電付き賃貸物件に住むケースでは、それらを購入する必要がなく、少ない初期費用で入居を開始できます。
メリットの2つ目は、家具家電の処分費用の心配がないことです。
家具家電を購入した場合、もしそれが不要になったときに処分する手間や費用が発生します。
大学生活のうちだけ一人暮らしなど期間が決まっている方は、家具家電付きのほうが退去時の出費を削減できて良いかもしれません。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

家具家電付き賃貸物件に住むデメリットとは?

家具家電付き賃貸物件に住むデメリットの1つ目は、家具や家電が中古であるケースが多い点です。
借主が変わるたびに新品の家具や家電に買い替えるケースはほとんどなく、これまでの借主が使った中古品となります。
クリーニングがされていても「衛生的に気になる」と感じる方には向かないかもしれません。
家具家電付き賃貸物件に住むデメリットの2つ目は、自分好みで家具家電を選べないことです。
機能やデザインにこだわりたい方は、備え付けの家具や家電に満足できない可能性があります。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

家具家電付き賃貸物件に住むデメリットとは?

まとめ

家具家電付き物件は、家具家電を購入したり処分したりする費用を抑えられ、入居期間が短いと特にお得感のある物件です。
一方、長く住み続けると家具家電を購入するのと比較して出費が大きい点や中古が備え付けられる可能性などデメリットもあるので、それらを考慮して入居を検討しましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
土地建物の売却でお困りでしたら、弊社までご連絡ください。


≪ 前へ|賃貸物件における浴室乾燥機の必要性をご紹介!   記事一覧   駅近は徒歩何分まで?駅に近い賃貸物件に住むメリットとデメリットとは|次へ ≫

トップへ戻る