【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 一人暮らしで暖房代を節約するなら何度から?設定温度についてご紹介

一人暮らしで暖房代を節約するなら何度から?設定温度についてご紹介

一人暮らしで暖房代を節約するなら何度から?設定温度についてご紹介

一人暮らしでは家計管理も自分でおこなわなければならないため、節約したい方はエアコンの使い方にも気を付けなければなりません。
暖房を使う季節は電気代も高騰しやすいため、何度から設定するのがおすすめなのかを知っておくことが大切です。
そこで今回は暖房を使い始めるタイミングや設定温度の目安、暖房代の節約術についてご紹介します。

一人暮らしで暖房を使うなら何月から?

暖房を何月から使い始めるのかについて考えるときは、地域ごとの差を意識することが大切です。
たとえば日本の北に位置する北海道や東北地方は南の地域に比べて寒くなる時期が早いため、暖房を早めに使い始めるのが特徴的です。
使い始めの目安は9月下旬頃で、10月下旬には過半数の方が暖房を使用するともいわれています。
また、日本の南に位置する鹿児島県や沖縄県では11月下旬には過半数の方が暖房を利用するといわれていて、寒い地域とは1か月程度の差があります。
このように地域によって気温が下がるタイミングも異なるため、まずは自分が住むエリアが何月から寒くなるのかをリサーチしてみるのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

一人暮らしの暖房は何度から?温度の目安

一人暮らしで暖房を使用する場合、設定温度の目安として推奨されているのは20℃前後です。
気温が下がりやすいお風呂場やトイレは、ほかの部屋と3〜5℃程度の差で抑えられるのが理想的です。
冬場は外の気温が0℃近くになることもあり、夏場よりも室内と室外の気温差が大きくなりやすい点に注意しなければなりません。
寒いからといって暖房を26℃前後に設定してしまうと外気との差が激しく、電気代が高騰しやすくなってしまいます。
電気代を抑えつつ快適な温度で過ごしたい方は、空気を循環させたり外気からの影響を抑えたりする方法を試してみるのもおすすめです。
サーキュレーターを使う、窓ガラスやカーテンに断熱対策を施す、湿度をあげるなどの工夫をするだけで快適に過ごしやすくなります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

節約するなら何度から?一人暮らしで暖房代を節約する方法

一人暮らしで暖房にかかる電気代を節約したい方は、設定温度と外気の差が大きくなりすぎない点に注意しましょう。
運転モードを弱にして設定温度に到達するまで時間をかけるよりも、自動運転にして効率的に使うのがおすすめです。
また冷たい空気は下に溜まりやすいため、風向を下向きにして暖めるのも効果的です。
サーキュレーターなどを活用して上に溜まったあたたかい空気を循環させると、足元がひんやりと冷えてしまう状態を防ぎやすくなります。
エアコンをこまめに作動させたり止めたりすると、エネルギー消費量が増えてしまいます。
暖房を使わない時間が30分程度であればつけっぱなしにしておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

節約するなら何度から?一人暮らしで暖房代を節約する方法

まとめ

一人暮らしで暖房を効果的かつ節約しながら使いたい方は、何度から設定するのが良いのか、運転モードや風向をどのように設定したら良いのかを知っておきましょう。
サーキュレーターなど空気を循環させるアイテムを活用するのもおすすめです。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


≪ 前へ|バス・トイレ別賃貸物件のメリットとデメリットを解説!   記事一覧   同棲をするベストなタイミングとは?注意点についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る