【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > エアコン掃除を自分でやるなら知っておきたい範囲と方法をプロが解説!

エアコン掃除を自分でやるなら知っておきたい範囲と方法をプロが解説!

エアコン掃除を自分でやるなら知っておきたい範囲と方法をプロが解説!

エアコン掃除は自分でできる範囲や方法がありますが、プロに任せるメリットもあります。
この記事では、エアコン掃除の範囲と方法について解説します。
エアコン掃除のコツや注意点もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

エアコン掃除の自分でできる範囲について

エアコン掃除を自分でできる範囲は、本体、吹き出し口、フィルターの3つです。
本体の掃除は、柔らかい布やふきんで拭くだけで十分です。
ただし、水や洗剤を使う場合は、電源を切ってから行ってください。
吹き出し口の掃除は、ブラシや掃除機でほこりを取り除きます。
フィルターの掃除は、掃除機でほこりを吸い取ります。
フィルターはエアコンの性能に直結する部分なので、2週間に1回程度は清掃してください。
以上がエアコン掃除を自分でできる範囲です。
エアコン掃除は、快適な空間を作るためにも、定期的に行ってください。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

自分でできる範囲のエアコンの掃除方法をご紹介!

エアコン掃除は、エアコンの効きや電気代の節約にもつながります。
しかし、自分でエアコン掃除をする場合は、注意点や方法をしっかりと把握しておく必要があります。
まず、エアコン掃除に必要な道具は以下の通りです。

●ほうきや掃除機
●ぞうきんやタオル
●水や中性洗剤
●はしごや踏み台


次に、エアコン掃除の方法ですが、大きく分けて3つステのップに分かれます。
1. エアコンの外側を掃除する
エアコンの外側は、ほうきや掃除機で埃を取り除きます。
2. フィルターを掃除する
フィルターは、水や中性洗剤で洗って乾かし、乾いたら元の位置に戻します。
3. 内部を掃除する
内部は、ぞうきんやタオルで拭きます。
特に、ファンや熱交換器などは汚れが溜まりやすいので、丁寧に拭きましょう。
また、内部に水が入らないように注意しましょう。
以上が、自分でできる範囲のエアコン掃除の方法です。
エアコン掃除は、晴れている日に行うと乾きやすくなります。
また、エアコン掃除は年に2回程度行うと良いとされています。
自分でできる範囲でエアコン掃除を行って、快適な空間を作りましょう。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

エアコン掃除をプロに任せるときの料金や内容について

まず、料金はエアコンの種類やサイズ、汚れの程度などで異なりますが、壁掛け型の場合は1台あたり1万円前後、天井埋め込み型の場合は2万円前後が相場です。
次に、内容は業者によって異なりますが、一般的には以下のようなサービスが含まれます。

●エアコン本体のチェックや診断
●エアコン本体や周辺部分の清掃と消毒防カビ防臭処理乾燥
●エアコン本体や周辺部分の組み立てと動作確認


以上が、エアコン掃除をプロに任せるときのクリーニング料金や内容についてのご紹介です。
自分で掃除するのが難しい場合は、ぜひプロに依頼してみてください。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

エアコン掃除の自分でできる範囲について

まとめ

エアコン掃除は、自分でできる範囲や方法があります。
自分でできる範囲は、フィルターやカバーなどの外部部品です。
プロに任せる場合は、内部部品やファンなどの専門的な掃除ができます。
エアコン掃除は、自分でできる部分とプロに任せる部分を見極めて、適切に行うことが大切です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|バス・トイレ別賃貸物件のメリットとデメリットを解説!   記事一覧   同棲をするベストなタイミングとは?注意点についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る