【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸バランス釜とは?メリットや注意点を解説

賃貸バランス釜とは?メリットや注意点を解説

賃貸バランス釜とは?メリットや注意点を解説

不動産会社にとって、バランス釜とはどのようなものでしょうか。
バランス釜とは、給湯と暖房の両方をおこなうことができる機器です。
メリットは、給湯と暖房を同時におこなえるため、エネルギー効率が高く、ガス代を節約できることです。
この記事では、バランス釜の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

バランス釜とは?その仕組みについて解説!

バランス釜とは、一般的な給湯器とは異なり、室内の空気を使用せずに外気を取り込んで燃焼する仕組みの給湯器です。
バランス釜の特徴は、燃焼に必要な酸素を室内から取らないため、室内の換気が不要であることです。
バランス釜の仕組みは、BF釜とも呼ばれます。
BF釜は、外壁に設置されたダブルパイプの中に、燃焼器と熱交換器が入っています。
ダブルパイプとは、内側のパイプが燃焼ガスを排出するためのもので、外側のパイプが外気を取り込むためのものです。
外気はダブルパイプの外側から入り、熱交換器で水を温めます。
温められた水は給湯管に送られます。
一方、燃焼ガスはダブルパイプの内側から排出されます。
このように、バランス釜は外気と燃焼ガスを分離して循環させる仕組みになっています。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

バランス釜のメリットとデメリットについて

バランス釜にはメリットとデメリットがあります。
メリットの一つは、停電時でも使用できることです。
バランス釜は、電池を使って着火するので、万が一の停電でも使用することができます。
デメリットの一つは、家賃が高くなることです。
バランス釜は、一般的な給湯器よりも高価であり、その分家賃に反映されることが多いです。
また、バランス釜は水圧が低くなりやすいというデメリットもあります。
水圧が低くなると、シャワーの水量が少なくなったり、お湯が出なかったりすることがあります。
バランス釜を選ぶ際は、自分のライフスタイルや予算に合わせて検討してください。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

バランス釜の注意点についてご紹介!

バランス釜には注意点がいくつかあります。
以下に、主な注意点をご紹介します。
空焚きをしない
空焚きとは、水が入っていない状態でバランス釜を点火することです。
空焚きをすると、バランス釜が過熱して壊れたり、火災の原因になったりします。
点火の際は注意する
バランス釜の点火は、ガスの元栓を開けてからおこないます。
しかし、ガスの元栓を開けた直後に点火すると、ガスが充満して爆発したり、一酸化炭素中毒になったりする危険があります。
点火の際は、ガスの元栓を開けてから10秒ほど待ってからおこなってください。
以上が、バランス釜の注意点です。
バランス釜は便利な給湯器ですが、安全に使用するためには注意が必要です。
以上の注意点を守って、快適な生活を送りましょう。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

バランス釜とは?その仕組みについて解説!

まとめ

バランス釜とは、賃貸物件で使われるガス給湯器の一種です。
メリットは、ガス代が安く済むことや、水圧が低くてもお湯が出ることです。
注意点は、水温が一定にならないことや、火災の危険性があることです。
バランス釜を使う場合は、安全に注意してください。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|エアコン掃除を自分でやるなら知っておきたい範囲と方法をプロが解説!   記事一覧   ペットと引っ越しをするときの注意点とは?犬や猫などの例でご紹介|次へ ≫

トップへ戻る