【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件のガスコンロが故障したら?修理費やIHへの変更方法を解説

賃貸物件のガスコンロが故障したら?修理費やIHへの変更方法を解説

賃貸物件のガスコンロが故障したら?修理費やIHへの変更方法を解説

賃貸物件のなかには、キッチンにガスコンロが備え付けられている物件が多くあります。
ガスコンロの火が付かなくなるトラブルもあり、対処法を知らないと焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件のガスコンロの火が付かなくなる原因や故障した場合の費用負担、IHクッキングヒーターへの取り替え方法を解説します。

賃貸物件でガスコンロの火が付かない原因は故障?

賃貸物件にて、ガスコンロのスイッチを入れても火が付かない場合の原因は、いくつか考えられます。
まず、ガスコンロの電池切れが原因となっている場合です。
ガスコンロの点火には乾電池が必要なため、この乾電池が切れてしまうと火がつきません。
ガスコンロによっては、電池切れがわかる機能の付いたものもありますが、古いガスコンロでは電池切れがわからないものもあります。
次に、点火に必要なガスを供給するバーナーキャップが濡れていたり、適切に設置されていなかったりする場合です。
スイッチを入れると火花は飛ぶものの点火しないときには、ガスが適切に供給されていないケースが考えられます。
バーナーキャップが濡れていたり設置方法を誤ったりしてしないか、ガスの元栓が閉まっていないかなどをチェックしましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件でガスコンロが故障したら修理費用はだれが負担する?

電池切れなどではなく、ガスコンロが故障してしまった場合、そのガスコンロが備え付けの設備なのか、残置物なのかによって修理の費用負担が変わります。
ガスコンロが最初から備え付けられ、管理会社の所有となっている設備のケースでは、管理会社へ修理や交換の依頼が可能です。
一方、管理会社の所有ではない残置物のケースでは、入居者の負担で修理や交換をおこなうのが一般的です。
ガスコンロが設備なのか残置物なのかを確認するには、管理会社へ問い合わせたり、賃貸借契約書をチェックしたりしましょう。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

賃貸物件の故障したガスコンロをIHへ取り替える方法や注意点

ガスコンロが故障したのをきっかけに、IHクッキングヒーターへ取り替える方も多いです。
ガスコンロが残置物、もしくは自分で設置した場合には、自身の判断で取り替えできます。
一方で、管理会社が所有する設備の場合には、IHクッキングヒーターへの取り替えをして良いか管理会社に確認しましょう。
また、IHクッキングヒーターを設置する場合は、200vの専用回路が必要です。
分電盤の作りによっては、配線工事を要するケースもあり、その場合の費用は、IHクッキングヒーターの購入費用などもあわせて10~30万円ほどが相場です。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

賃貸物件でガスコンロの火が付かない原因は故障?

まとめ

賃貸物件でガスコンロの火が付かなくなった場合、電池交換などで対処できないようであれば故障も考えられます。
ガスコンロが設備か残置物かによって、修理や交換の費用負担が異なるので、管理会社に聞くか賃貸借契約書を見て確認してみましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件の独立洗面台とは何?メリットやない場合の対処法をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る