【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説

賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説

賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説

ペットは日々の暮らしに癒しを与えてくれる大切な存在であり、一緒に生活したいと思う方も多いでしょう。
賃貸物件の限られたスペースのなかでもペットに楽しんで生活してもらうために、DIYをおこなうことがおすすめです。
そこで今回は、賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイント、材料や作り方を解説します。

賃貸物件でキャットウォークDIYを始める前のチェックポイントは?

キャットウォークDIYをおこなう際のポイントとしてもっとも大切なのが、足場の強度です。
猫が移動する際には大きな力がくわわるため、足場が落下しないようにしっかり固定することが大切になります。
キャットウォークを設置する際の高さは、飼い主の目が届く高さにするのが目安です。
毛玉や食べ物をキャットウォーク上で吐き出してしまう可能性もあるため、掃除がしやすい高さに設置することをおすすめします。
また、猫は後ろ向きに歩いたり、方向転換したりすることが苦手な生き物だといわれています。
キャットウォークへの出入口を2か所以上作っておくと、猫も安心して遊べるでしょう。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

賃貸物件でDIY!キャットウォークに必要な材料は?

賃貸物件は自由に壁に穴を開けることが難しいため、ディアウォールと呼ばれる材料を使用することをおすすめします。
ディアウォールは天井と床をつっぱって柱を固定してくれる製品であり、賃貸物件でも原状回復を気にせずに使用が可能です。
柱と棚板用の木材を準備する必要がありますが、インターネットでも購入できるため、ホームセンターに足を運ぶ手間はかかりません。
周りに棚が付属しているテレビ台やカラーボックスを使用すれば、別途DIY用のグッズを用意することなく手軽にキャットウォークを作れます。
さらに、カラーボックスを組み合わせれば、階段状の豪華なキャットウォークが完成します。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

賃貸物件でDIY!キャットウォークの作り方は?

賃貸物件では床、壁、天井を傷つけないように作ることが大切なので、ディアウォールを使用した作り方をご紹介します。
まずは柱にディアウォールを取り付け、壁に立てかけてからねじをひねって固定しますが、この際壁と柱が垂直になるように注意してください。
柱が固定できたら、次はブラケットを設置して棚板を固定できるようにし、最後に棚板を設置するだけでキャットウォークが完成します。
力作業に自信がない場合は、電動ドライバーを用意しておくと安心です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

賃貸物件でキャットウォークDIYを始める前のチェックポイントは?

まとめ

キャットウォークDIYをおこなう際には、足場の強度、設置する高さ、出入口の数に気を付けることが大切です。
賃貸物件では床、壁、天井を傷つけないようにするため、ディアウォールと呼ばれる製品を使用することをおすすめします。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件のガスコンロが故障したら?修理費やIHへの変更方法を解説|次へ ≫

トップへ戻る