【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > ペット可賃貸物件における原状回復についてご紹介!

ペット可賃貸物件における原状回復についてご紹介!

ペット可賃貸物件における原状回復についてご紹介!

ペットと暮らしている方やこれからペットを飼いたいと考えている方のなかには、住宅を汚したり傷つけたりしないか不安な方は多いのではないでしょうか。
賃貸物件では基本的に原状回復のルールがあるため、請求されるケースや請求されないケースについて知っておくと良いです。
今回は、ペット可賃貸物件における原状回復や原状回復特約、ペット不可物件での原状回復についてご紹介します。

ペット可賃貸物件でも注意!原状回復とは何?

賃貸物件における原状回復とは、住人の故意または過失により住宅に生じた損傷や汚れを元どおりに修復することです。
たとえば、タバコの焦げ跡や子どもによるクロスへの落書きなどが該当します。
ペット可の賃貸物件に住む場合、ペットによる損傷やにおいの問題に警戒が必要です。
ただし、すべてのケースが原状回復の対象ではなく、請求されるケースと請求されないケースがあります。
通常、経年劣化や日常的な使用に伴う損傷や汚れは原状回復の対象外であり、普通のクリーニングで取り除ける程度の汚れやにおいが含まれます。
一方で、ペットが原因で生じた損傷やにおいについては、原状回復が求められます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

ペット可賃貸物件における原状回復特約とは何?

ペット可賃貸物件では、原状回復に関連する問題が発生する可能性が高まり、契約内容には特別な規定が含まれていることもあります。
ペットによる原状回復特約とは、ペットによる損傷や汚れに対する修復責任の範囲を明確に規定した合意です。
通常、この特約には、ペットが原因で生じた損傷の修理が借主の責任であることが規定されています。
未然にトラブルを防ぐためにも、具体的なケースについて事前に理解し、契約前や管理会社が変更された場合には、特約内容を確認することが重要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

ペット不可賃貸物件での原状回復はどうなる?

ペット不可の物件でペットによる損傷や汚れが発生すると、経年劣化や自然消耗が考慮されないため、借主は退去費用を全額負担しなければならないことに注意しましょう。
部屋の状態に応じて、高額な修復費用がかかる可能性があります。
また、ペット不可の物件でペットを飼うことは契約違反です。
傷つけたり汚したりしない限り問題ないという考えではなく、契約条件を守ることが肝要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

ペット可賃貸物件でも注意!原状回復とは何?

まとめ

ペット可賃貸物件であってもペットによる傷や汚れがあると原状回復を請求されるため、部屋の使い方には注意が必要です。
退去時にコストをかけたくない方は、どのような対策が必要なのかを考えておくことが大切です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|シャワーのみの賃貸物件に住んでも問題ない?メリット・デメリットを解説!   記事一覧   手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!|次へ ≫

トップへ戻る