【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件のベランダの目隠しはどうする?DIYの方法をご紹介

賃貸物件のベランダの目隠しはどうする?DIYの方法をご紹介

賃貸物件のベランダの目隠しはどうする?DIYの方法をご紹介

1階や2階など、賃貸物件の低層階は、ベランダからお部屋の中身が見えてしまいます。
そのため、何らかの目隠しを設置する方は多いものの、賃貸物件であるからには原状回復できるものでなければなりません。
今回は、賃貸物件のベランダの目隠しになるフェンス、防犯に有効な目隠し、DIYの方法についてご紹介します。

賃貸物件のベランダの目隠しになるフェンス

取り外しが簡単で原状回復ができるのであれば、賃貸物件であってもベランダにフェンスを設置できます。
フェンスにはさまざまな材質がありますが、木材やビニール、樹脂製のものなら周囲に傷をつけずに設置できておすすめです。
周辺に高い建物がある場合は、ベランダの手すりより上に設置できる高さのフェンスを選ぶと、上からの視線を遮断できます。
ベランダにフェンスを設置する際は、強風にあおられる可能性があるため、しっかり固定しなければなりません。
賃貸物件でフェンスを固定する場合は、退去時に取り外せるよう、結束バンドなどを用いると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件のベランダに設置できる防犯効果のある目隠し

1階のお部屋や女性の一人暮らしなど、防犯を目的として目隠しを設置したい方もいらっしゃるでしょう。
防犯を目的とする場合、ベランダ全体が覆われて外から見えなくなるタイプの目隠しは、一度侵入してしまうと室内の様子がわからないため、かえって逆効果な場合があります。
背の高い植物の鉢植えを1~3つ置く程度であれば、ベランダがふさがれることはなく、目隠しも可能です。
花をつける植物であれば、季節によって違う姿が見られますが、枯れ葉や虫などで近隣に迷惑をかけないように注意を払う必要があります。
また、設置や解体、移動が簡単なベランダカーテンもおすすめです。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

賃貸物件のベランダで目隠しをDIYする方法

DIYで目隠しを作成する場合、ベランダ周辺を傷つけず原状回復できる範囲にする必要があります。
低コストで原状回復しやすい目隠しを設置するのであれば、すだれやすのこ、麻紐、結束バンドを組み合わせると良いでしょう。
ベランダに備え付けの柵にすだれを括りつけるだけでも、道路や低層の建物からの目隠しになります。
柵の手すりより上部に設置すれば、涼しげなサンシェードとしての使用も可能です。
また、すのこは市販のペンキなどで色をつければ、おしゃれな目隠しとして使用できます。
ベランダに設置する際は、麻紐や結束バンドを使用すればすぐに取り外せるため、原状回復が簡単なのもポイントです。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

賃貸物件のベランダの目隠しになるフェンス

まとめ

賃貸物件のベランダに目隠しを設置する場合は、原状回復しやすく取り外しが簡単なものがおすすめです。
フェンスやベランダカーテンなど、ベランダ周りを傷つけないものを選ぶと良いでしょう。
DIYする際は、すのこやすだれを使って自作すると、簡単に目隠しを作れます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?連絡遅延の理由と早く結果を知る方法を解説   記事一覧   賃貸物件における畳の修繕はいつ?交換方法について解説!|次へ ≫

トップへ戻る