【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 部屋はどの方角を選べば良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

部屋はどの方角を選べば良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

部屋はどの方角を選べば良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

部屋探しにおいては、間取りや立地などを重視されがちですが、実は部屋の「方角」もぜひ見ておきたい要素のひとつです。
同じ間取りでも方角が違うだけで、適したライフスタイルや住み心地が大きく変わるものです。
そこで今回は、それぞれの方角の部屋のメリット・デメリットについて解説します。

鬼門や裏鬼門とは?

鬼門とは北東の方角を指し、古代中国の考え方で「鬼が出入りする方角」との意味があります。
水回りが鬼門にあると不吉とされています。
裏鬼門は鬼門と反対の方角で、南西に位置し、同様に水回りを避けるべき方向とされています。
鬼門の調べ方は、中心から見て15度~75度、裏鬼門は195度~255度となる位置を探します。
鬼門や裏鬼門は迷信の一面がある一方で、古代の知恵とも見なされています。
古代の家電設備のない時代では、方角により湿気や日差しの影響を受けることが多かったかもしれません。
しかし、現代の住宅事情では、鬼門や裏鬼門を気にしないほうが快適な間取りを作ることができるケースもあります。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

それぞれの方角にある部屋のメリット

それぞれの方角の部屋には異なるメリットがあります。
南向きは4方向の中で最も明るく、良い日当たりを受ける方角です。
洗濯が乾きやすく、冬は暖かい点がメリットとされます。
東向きは日差しが朝早くから入り、夕方早めには入らなくなります。
朝は日光を浴びて爽やかに目覚められ、暑い夏の午後は室温が上がりにくいのがメリットです。
西向きは東向きと対照的に、午後から夕方にかけての日当たりが強まります。
冬の夕方や夜でも比較的暖かく、午後からの室内活動が多い方におすすめです。
北向きは4方向の中で最も日差しが入りにくい方角です。
夏を涼しく過ごしたい方や、室内で強い光を感じたくない方にはメリットと感じられるかもしれません。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

それぞれの方角にある部屋のデメリット

それぞれの方角にはデメリットもあるため、部屋探しの際は比較検討しましょう。
南向きの部屋は日当たりが良いが、夏場は暑く冷房代がかかりやすい傾向があります。
また、人気があるため家賃が高めな傾向もあります。
東向きの部屋は午後になると日差しが入らなくなり、冬場の午後は寒さを感じやすくなる点がデメリットです。
西向きは反対に朝日が入りにくいため、冬の朝は暗く寒さを感じやすいです。
北向きの部屋は一日中日差しが入りにくく、結露やカビなどに注意が必要です。
方角によって一日のうちに日差しが入る時間帯が異なるため、自身のライフスタイルに合った部屋を選ぶことがおすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

それぞれの方角にある部屋のデメリット

まとめ

部屋の方角には、それぞれメリット・デメリットがあります。
「朝は寒いが夜は暖かい」などのようにメリットとデメリットは表裏一体です。
主な違いは日差しが入る時間帯のため、自身のライフスタイルに合わせた部屋を選ぶことをおすすめします。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?連絡遅延の理由と早く結果を知る方法を解説   記事一覧   賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!|次へ ≫

トップへ戻る