【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > アパートとマンションの違いとは?賃貸物件の特徴と向いている方をご紹介

アパートとマンションの違いとは?賃貸物件の特徴と向いている方をご紹介

アパートとマンションの違いとは?賃貸物件の特徴と向いている方を解説

賃貸物件を探す際の選択肢のひとつとして「アパートとマンションのどちらにするか」があります。
そもそも、アパートとマンションの違いとは何かご存じでしょうか。
この2つの違いを具体的に知っておくと、より自分のライフスタイルに合った住まいを探すのに役立ちます。
そこで今回は、アパートとマンションについて、それぞれの賃貸物件の特徴と向いている方をご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


アパートとマンションの違いとは?

建築基準法や宅地建物取引業法において、アパートとマンションは両方とも「共同住宅」に分類されます。
このため、法的な定義上ではアパートとマンションには差異がなく、どちらの呼称を用いるかは不動産会社や大家さんが自由に選択できます。
ただし、国土交通省の調査では、3階以上の鉄筋コンクリート造や鉄骨造の共同住宅を通常「マンション」として取り扱っています。
一般的にも、建物の構造によってアパートとマンションを区別する傾向があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

アパートとマンションの賃貸物件の特徴

アパートのメリットは、建築コストが低いため、手頃な家賃で入居できる点です。
また、マンションに比べ、エレベーターやエントランスなどの共用部分の管理費がかからないのもメリットです。
木造のアパートは通気性が良いため、カビや結露に悩まされにくいという特徴もあります。
ただし、機密性や防音性が低いため、冬場は寒く、隣近所との騒音トラブルが生じることがあります。
また、防犯設備が不十分な物件もあり、セキュリティ上の不安が存在することが、デメリットとして挙げられます。
一方で、マンションのメリットは、鉄筋やコンクリート構造が一般的であり、耐火性や防音性に優れていることです。
共有部分の充実度が高く、エントランスや専用のゴミ置き場などが整備されているため、生活の利便性が向上します。
ただし、建物のグレードや設備の豊富さに応じて、家賃や管理費が高額になることがあり、これがデメリットとなります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

アパートとマンションの賃貸物件でそれぞれに向いている方は?

家賃や管理費を抑えたい方には、アパートがおすすめです。
立地や築年数、間取りが同じ場合、マンションよりアパートのほうがトータルコストは安いことが一般的です。
また、アパートは戸数が少ないため住人同士のコミュニケーションがとりやすく、近所付き合いがしたい方にも向いています。
一方で、設備のグレードを重視する方は、マンションのほうがおすすめです。
共有部分の利便性が高く、室内には浴室乾燥機やディスポーザーなどの設備が備えられている物件が多いです。
また、アパートよりも騒音や防犯上のリスクが低く、プライバシーを保ちやすい環境で生活できます。
マンションは戸数が多いため、住人同士の干渉も少なく、ご近所付き合いを控えたい方にも適しています。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

アパートとマンションの賃貸物件でそれぞれに向いている方は?

まとめ

アパートとマンションは法律上明確な違いはありませんが、構造の違いで区別されている場合が多いです。
アパートは家賃や管理費が安い一方、木造の場合は機密性や防音性が低いデメリットがあります。
マンションはアパートよりもコストが高くなりますが、設備のグレードやセキュリティ面を重視する方に適しています。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|一人暮らしの洗濯機におすすめの種類とは?選び方や注意点も解説   記事一覧   コンクリートブロック造とは?賃貸物件におけるメリットとデメリットを解説|次へ ≫

トップへ戻る