【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件を退去する流れとは?連絡方法や必要な手続きを解説

賃貸物件を退去する流れとは?連絡方法や必要な手続きを解説

賃貸物件を退去する流れとは?連絡方法や必要な手続きを解説

賃貸物件の退去する際は、大家さんや不動産会社に連絡をおこなう必要があります。
退去時のトラブルを避けるためには、退去の流れや手続きについて正しく理解することが重要です。
今回は、賃貸物件を退去時する際の連絡方法や、退去時におこなうべき手続きについてご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件を退去する流れ①退去する旨を連絡する

退去手続きをはいめる際には、まずは大家や管理会社に対し、賃貸借契約書で規定された期間内にの退去を申し出る必要があります。
退去の連絡は、賃貸借契約書で設けられており、1か月~3か月前の連絡が一般的です。
連絡の手段は、直接不動産会社へ行く以外にも、電話やFAX、まれにWEB受付もあります。
基本的には、賃貸借契約書に記載があるとおりなので、事前に確認しましょう。
連絡をしたら、「解約通知書」を不動産会社に郵送します。
解約通知書は、入居時に手渡されていることが一般的です。
もし手元にない場合は、早めに担当者へ連絡を入れて解約通知書を送付してもらいましょう。
なお、解約通知書の提出が必ず必要とも限らないため、事前確認が必要です。
これにより、双方が納得のいく形での退去手続きがおこなわれ、トラブルを未然に防ぐことができます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件を退去する流れ②手続き

退去手続きをおこなう際には、解約通知書の提出や立ち会いなどの手続きが必要です。
解約通知書には、物件名や契約者情報、、退去予定日、退去理由などを明記します。
退去理由は、転勤・転校などライフスタイルの変化、家賃や騒音問題の事情を差支えない範囲で記載しましょう。
契約終了月には家賃の清算が必要です。
日割りと月割りのどちらになるかを、賃貸借契約書で確認しましょう。
月割りの場合、月のなかばでの退去であっても、1か月分の賃料が発生してしまいます。
退去費用で損をしてしまわないよう、退去予定日を慎重に検討しましょう。
日割りの場合、退去する当日の分まで賃料を支払うことになります。
たとえば、1月15日に退去する場合は、1月1日~1月15日までの家賃を支払うことになります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件を退去する流れ②手続き

まとめ

退去手続きは、1か月前までの通知と、解約通知書の提出が重要です。
退去の意向を伝える際には、賃貸借契約書に記載された適切な予告期間を守りましょう。
また、月なかばでの解約を希望する場合、家賃清算が月割りか日割りかを正しく理解しておくことが大切です。
円滑な退去手続きをおこなうためには、大家さんや不動産会社とのコミュニケーションを重視し、賃貸借契約書の規定を遵守することが必要です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本トレンドリサーチ)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|一人暮らしの高齢者の現状とは?リスクや対策を解説   記事一覧   賃貸物件で水道トラブルが発生!相談先や費用負担の所在について解説|次へ ≫

トップへ戻る