【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代への影響をご紹介

マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代への影響をご紹介

マンションの24時間換気システムとは?種類や電気代への影響をご紹介

比較的新しいマンションを借りると、24時間換気システムがついている物件がほとんどです。
このシステムを1日中利用した場合、電気代がどれだけかかるのか気になる方もいるでしょう。
今回は、マンションの24時間換気システムとは何か、システムの種類や電気代への影響についてご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


マンションにおける24時間換気システムとは

24時間換気システムとは、屋内の空気を24時間連続で入れ替えるためのシステムです。
窓を開けなくても外気を取り入れられ、部屋全体の空気をきれいにできます。
マンションの換気システムにはほかにも換気扇がありますが、これは換気扇周辺の空気しか入れ替えられない局所換気です。
24時間換気システムはより広い範囲を換気できる常期換気と呼ばれるシステムで、ウィルス感染症の予防などにも活用できます。
シックハウス症候群を防ぐため、2003年7月以降に建てられたマンションへの設置が義務付けられている設備です。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

マンションの24時間換気システムの種類

24時間換気システムは、換気の仕方によって3つの種類に分けられます。
給気と排気を両方とも機械でおこなうタイプを第1種換気方式と呼び、安定した換気効果が特徴です。
ただし、機械を使って換気しているため運用にコストがかかります。
給気を機械でおこないつつ、排気は排気口から自然におこなうタイプは第2種換気方式と呼ばれ、住宅より工場などのクリーンルームに多いです。
気密性が低いと結露しやすいため、あまりマンションなどの住宅では用いられません。
逆に給気は給気口から自然におこない、排気を機械でおこなうタイプは第3種換気方式です。
結露に強く、運用に必要なコストが低い住宅向けの換気方法ですが、気密性の低い物件では暖房代がかさみます。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

マンションの24時間換気システムによる電気代への影響

24時間換気システムは、毎日ずっと稼働させておくのが前提の設備です。
とは言え、かかる電気代は高くなく、1か月でも数百円程度にしかなりません。
季節によっては外気で屋内が冷え暖房代がかさむ可能性もありますが、風量を調節できるタイプであれば冬場の風などを弱められます。
基本的に電源を切る必要はありませんが、屋内で火災が発生した場合は燃え広がるのを防ぐためにも切ったほうが良いです。
24時間換気システムを活用するためには、定期的にフィルターの掃除などのメンテナンスが必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

マンションの24時間換気システムによる電気代への影響

まとめ

マンションの24時間換気システムは、住人の健康を守るために設置が義務付けられている設備です。
24時間換気システムには3つの種類がありますが、マンションでは基本的に2種類が用いられています。
運用にはそれほどコストがかからないため、毎日稼働しても電気代に大きな影響はありません。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|シバンムシを駆除したい!発生源や対策についてご紹介   記事一覧   子どもの一人暮らしに仕送りは必要?お部屋探しのポイントも解説!|次へ ≫

トップへ戻る