【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 単身赴任の際に住民票はどうする?住民票を移すときに考えられることを解説

単身赴任の際に住民票はどうする?住民票を移すときに考えられることを解説

単身赴任の際に住民票はどうする?住民票を移すときに考えられることを解説

単身赴任で引っ越しが決まった方のなかには、住民票をどうするか気になる方もいらっしゃるでしょう。
住民票の手続きをせずに、そのままにしておいて生活に支障が出てしまっては困りますよね。
そこで今回は、単身赴任において住民票はどうしたらよいのかを解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


単身赴任で住民票は移す必要あり?

引っ越しで住所が変わる場合、原則として転入先の住所に住民票を移す必要があります。
しかし、新住所に住むのが一時的な場合や、生活の拠点が移動しない場合は例外になります。
たとえば、赴任期間が1年以内と決まっている場合は転入に該当しないので、住民票を移す必要はありません。
そのほかにも、単身赴任中、週末には家族のいる家に帰るなど生活拠点が変わらない場合が挙げられます。
そのため、短期間の単身赴任などで引っ越す場合は、住民票を移動させなくても問題ないといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

単身赴任で住民票を移すと住宅ローンや住民税、児童手当はどうなる?

住宅ローン控除の条件は、原則として対象となる住宅に住み続けていることなので、住民票を移さなければ、引き続き、摘用されます。
また、住民税は一般的には住民票のある居住地でしか課税されないため、二重に請求されることはありません。
住民税は、その年の1月1日に居住していた地方自治体で課税することになっており、住民票を移さない場合は元の自宅、移した場合は新住所での課税になります。
さらに、児童手当は受給者の住民票がある地方自治体から出ているので、住民票を移せば受給者の変更などの手続きが必要です。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

単身赴任で住民票を移さないことによるデメリット

住民票を移していない場合、マイナンバーカードなどが身分証明書として認められずに使えない場合もあります。
また、生活をするうえで必要な運転免許証の更新通知やワクチン接種券など、公的な重要書類も旧住所のほうに届いてしまいます。
そにほかにも、旧住所地で印鑑登録をしている場合には、印鑑登録のある住所地に戻って発行手続きをする必要があります。
なお、パスポートに関しては、住所が変更になった場合における、公的な手続きはありません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

単身赴任は住民票を移さなければならないのか?

まとめ

住所が変わる場合は基本的に住民票を移しますが、新住所に住むのが一時的な場合や、生活の拠点が移動しない場合は例外になります。
また、住宅ローンや住民票、児童手当はそれぞれ手続きや対応が異なります。
さらに、住民票を移していない場合は、運転免許証などが身分証明書として使えなかったり、必要書類が届かないなどのデメリットを把握しておきましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|新築の賃貸物件のデメリットとは?メリットや注意点もご紹介   記事一覧   契約更新時の家賃の値上げは拒否できる?値上げの理由や交渉ポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る