【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 新築の賃貸物件のデメリットとは?メリットや注意点もご紹介

新築の賃貸物件のデメリットとは?メリットや注意点もご紹介

新築の賃貸物件のデメリットとは?メリットや注意点もご紹介

新築の賃貸物件を希望されている方のなかには、家賃の高さが気になるなど、デメリットを考える方もいらっしゃるでしょう。
築年数の経った賃貸物件と比べて、新築の賃貸物件にはどのような魅力があるのか知っておくと、お部屋選びもスムーズになるかと思います。
そこで今回は、新築の賃貸物件のデメリットやメリットなどをご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


新築の賃貸物件のデメリットとは?

新築賃貸は建てられてから、まだ誰も住んだことのない綺麗な状態の物件です。
そのため、新築の賃貸物件は築年数の経った物件よりも人気が高く、家賃が相場よりも2割ほど高く設定される傾向があります。
また、新築物件は完成前に募集がすべて埋まってしまう場合もあり、内覧できないまま契約する方も多いです。
そのため、実際に部屋の中を確認することができず、入居後にイメージと異なるなど後悔する場合も出てきます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

新築の賃貸物件のメリットとは?

新築の賃貸物件は、築年数の経った賃貸物件と比べると、建物自体の性能が高いため、便利でより良い環境のなかで生活できるでしょう。
また、まだ誰も入居していない未使用の状態のため、清潔感があり、何もかも新しいというのは、新築の魅力といえるでしょう。
そのほかにも、最近の新築の賃貸物件においては、AIやIoTなどの最新設備を搭載し、スマートホーム化がされた賃貸物件も増えてきています。
たとえば、モニター付きインターホンやオートロック、防犯カメラなどの防犯設備が整っており、セキュリティ面で安心感があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

新築の賃貸物件に住む場合の注意点について

新築の賃貸物件では、建築材料に含まれる化学物質が原因でシックハウス症候群を引き起こすケースがあります。
また、新築のアパートは傷や汚れが目立ちやすいため、小さなお子さんがいる場合はとくに注意が必要です。
そのほかに、新築の賃貸物件の場合は照明が付いていないケースもあります。
建築費用を抑えるために取り付けられていない場合もあるので、照明器具の有無は事前に確認しておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

新築の賃貸物件のデメリットとは?

まとめ

新築の賃貸物件は綺麗な状態のため、人気が高く、家賃が高く設定されていたり、内覧ができない場合もあります。
また、築年数が経った賃貸物件と比べて、建物自体の性能が高く、最新設備を備えている場合はメリットといえるでしょう。
なお、注意点として「傷や汚れが目立ちやすい」「照明がない」「シックハウス症候群を引き起こす」などを把握しておきましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件の駐輪場でよくあるトラブルとは?具体例や相談先も解説   記事一覧   単身赴任の際に住民票はどうする?住民票を移すときに考えられることを解説|次へ ≫

トップへ戻る