【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 家賃の支払い方法の種類とは?それぞれのメリット・デメリットを解説

家賃の支払い方法の種類とは?それぞれのメリット・デメリットを解説

家賃の支払い方法の種類とは?それぞれのメリット・デメリットを解説

毎月支払わなくてはならない家賃、どのような方法で支払っていますか。
不動産会社によって対応している支払い方法はさまざまですが、どの方法にもメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を選択すると良いでしょう。
今回は家賃の支払い方法として、銀行振込・自動引き落とし・クレジットカードに焦点をあててご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家賃の支払い方法「銀行振込」について

銀行振込は、大家さんが指定する口座に家賃を直接振り込む方法です。
基本的には、翌月分の家賃を先払いすることとなります。
ほとんどの賃貸借契約に対応していることがメリットですが、振り込みの手間や手数料がかかるというデメリットもあります。
自分が使っている金融機関と振込先の金融機関の種類によって手数料が変動するため、あらかじめ金額を確認しておくと良いでしょう。
また、銀行振込は自分が振り込まないと支払われないため、家賃を滞納しやすい方法です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

家賃の支払い方法「自動引き落とし」について

自動引き落としは、決められた日に自動的に引き落とされるため、銀行へ毎月足を運んで手続きをする必要がありません。
振り込み忘れることもないので、滞納のリスクが減少するメリットもあります。
デメリットは最初の手続きに手間がかかることで、書類の提出のほか、銀行口座を持っていない方は口座の開設も必要です。
また、自動引き落としには引き落とし手数料がかかることがあり、場合によっては銀行振込の振込手数料より高い可能性があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

家賃の支払い方法「クレジットカード」について

近年増えているのが、クレジットカードでの支払いです。
クレジットカード払いにすると支払い忘れを予防できるだけでなく、家賃の支払いごとにカードのポイントが貯まります。
家賃を自動的に回収できるほか、クレジットカード会社の審査を通過している方が入居者となるため、貸主側にとってもメリットが多い方法です。
ただし、クレジットカード会社に支払う手数料が家賃から差し引かれるので、クレジットカード払いにネガティブな印象を持っている貸主も少なくありません。
利用できるクレジットカードが限定されていたり、口座残高の確認を怠ると信用情報に傷がついたりすることにも注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

家賃の支払い方法「クレジットカード」について

まとめ

不動産会社により異なりますが、家賃の支払い方法には、銀行振込・自動引き落とし・クレジットカード払いなど、さまざまな選択肢があります。
銀行振込を忘れてしまいそうな方は、自動引き落としやクレジットカード払いがおすすめです。
AFLOは、大阪市浪速区の賃貸物件を多数ご紹介しております。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|手取り20万円で一人暮らし!生活費などの内訳をご紹介!   記事一覧   西田辺駅にある学校法人たつみ学園 ながいけ認定こども園のご紹介|次へ ≫

トップへ戻る