【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 手取り30万円の家賃の目安は?家賃と条件で変わる生活レベルもご紹介

手取り30万円の家賃の目安は?家賃と条件で変わる生活レベルもご紹介

手取り30万円の家賃の目安は?家賃と条件で変わる生活レベルもご紹介

毎月の固定費である家賃には、収入に合った適正な金額があります。
適正金額を超えてしまうと生活が苦しくなる恐れがあるため、無理のない暮らしができる金額に家賃を設定してやりくりしていくことが大切です。
ここでは、大阪市にお住まいの方に向けて、手取り30万円の家賃の目安について、一人暮らしと二人暮らしで変わる生活レベルの違いも併せてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

手取り30万円で払える家賃の目安はどれくらい?

毎月の出費である家賃は収入の約3割が適正とされているため、手取り30万円の適正な家賃は10万円です。
賃料は家賃に加えて管理費・共益費が必要なため、管理費・共益費も家賃と考えましょう。
手取り3割が家賃の目安である理由は、3割までに収めれば無理なく生活できるためです。
生活していくには、家賃の他に食費や通信費、交際費などがかかります。
また、イレギュラーな出費として医療費、冠婚葬祭費、旅行費などが必要なときもあるでしょう。
これらの出費にも対応できて無理なく生活するには、手取りの3割までが理想的です。
ただし、手取り3割はあくまでも目安であるため、状況に合わせて適正な家賃を考えましょう。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

手取り30万円で一人暮らしするときの生活レベル

手取り30万円で一人暮らしをする場合、家賃8万円では9万円程度の貯金ができます。
大阪市中央区の家賃相場はワンルームが4万2,000円、1K・1DKが6万4,000円なので、家賃8万円であれば、1DKまでの物件が選べるでしょう。
家賃10万円では、7万円程度の貯金ができます。
貯蓄を増やしたい場合は、通信費や食費を節約すれば8万円の家賃と同等の貯金ができるでしょう。
大阪府中央区では1LDK、2K、2DKの家賃相場が8万4千円であるため、より広い部屋が選べます。
家賃12万円では、良い条件の賃貸物件が選べて5万円程度の貯金ができます。
一人暮らしの貯金の目安が6万円なので、工夫しながら貯金すると将来安心です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

手取り30万円で二人暮らしするときの生活レベル

国土交通省によると、二人暮らしでは30㎡の広さの部屋が適当とされており、1LDK以上の部屋が人気があります。
大阪府中央区の家賃相場は、1LDK、2K、2DKが8万4,000円、2LDK以上は13万9,000円です。
家賃10万円で二人暮らしをする場合、毎月2万円程度の貯金ができる生活レベルとなります。
固定費は二人暮らしでも倍になることはないでしょう。
また、自炊が増えるため、食費は多少の増加のみで外食費は減る傾向があります。
手取り30万円で二人暮らしをすると、少しの貯金はできても贅沢な暮らしは難しいと考えられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

手取り30万円で二人暮らしするときの生活レベル

まとめ

手取り30万円では、家賃10万円が適正です。
ただし、人によって毎月の支出が違ったり一人暮らしと二人暮らしで生活レベルが変わったりします。
適正な家賃はあくまでも目安と考えて、自分にとっての適正な家賃の賃貸物件を探しましょう。
私たちAFLOでは、大阪市中央区にある賃貸物件を豊富にご紹介しております。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、弊社までご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|手取り20万円で一人暮らし!生活費などの内訳をご紹介!   記事一覧   西田辺駅にある学校法人たつみ学園 ながいけ認定こども園のご紹介|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る