【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件で画鋲を使ってもいいのか?原状回復ガイドラインと代用品を解説!

賃貸物件で画鋲を使ってもいいのか?原状回復ガイドラインと代用品を解説!

賃貸物件で画鋲を使ってもいいのか?原状回復ガイドラインと代用品を解説!

賃貸物件を退去する際、経年劣化以外の室内の破損に関する修繕費用については借主が負担することが一般的です。
ポスターや資料を壁に貼るなどして賃貸物件に穴をあけた場合、退去時に費用を請求されることはあるのでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件で画鋲を使っていいのか、原状回復ガイドラインの内容や代用品について解説します。

賃貸物件の壁に画鋲を使用してもいいのか?

賃貸物件の壁に画鋲を使用してもいいのかどうかを判断するためには、まず賃貸借契約書を確認することが大切です。
賃貸借契約における退去時の修繕工事の負担については、契約書に記載されている内容がもっとも効力が強いとされています。
賃貸借契約書上で特段取り決めがない場合、賃貸物件の壁に画鋲を使用することは基本的に問題ありません。
国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、ポスターなどを留めるのは通常使用範囲とみなし、貸主の修繕負担としています。
実際の賃貸借契約においても、画鋲や虫ピンなど細いものであれば使用が許可され、くぎやねじなど大きい穴ができるものは禁止であるケースが多くみられます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件における原状回復のガイドラインとは?

原状回復のガイドラインとは、借主が退去したときのトラブルを防ぐために国土交通省が2011年に定めたものです。
ガイドラインが制定された背景としては、敷金が返還されない、高額な原状回復費用の請求があったなど退去時のトラブルが多く発生していたことが理由です。
それらのトラブルを減らすため、国によって初めて定義が明記された画期的内容と言えるでしょう。
ガイドラインには、借主が退去した際の修繕費用が入居者負担となるケース、大家さん負担となるケースについての詳細が記載されています。
たとえば壁の場合、画鋲穴や壁紙の日焼けについては大家さんの負担、タバコによるにおいや黄ばみ、落書きなどの汚れは入居者の負担としています。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件において画鋲の代用品となるアイテムとは?

画鋲の代用品としておすすめなのが、生活に身近なホッチキスです。
針金を180度に変形させてから壁に向かって留めるだけで、壁にポスターや写真などを貼れます。
ピンを抜くと穴がふさがるなど、壁にあけた穴が目立たない便利グッズも存在します。
穴をあけたくない場合や壁に穴があけられない場合は、壁用の強力シールなど、穴をあけないグッズを試してみることもおすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件において画鋲の代用品となるアイテムとは?

まとめ

賃貸物件の壁に画鋲を使用していいのかどうかを判断するためには、まず賃貸借契約書を確認することが大切です。
賃貸借契約書上で特段取り決めがない場合、賃貸物件の壁に画鋲を使用することは基本的に問題ないと認識しておくと良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る