口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 高校生の一人暮らしは可能?問題点や契約の流れをご紹介

高校生の一人暮らしは可能?問題点や契約の流れをご紹介

高校生の一人暮らしは可能?問題点や契約の流れをご紹介

一人暮らしをしたいと考えていても、高校生だからとあきらめている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、親の同意や生活費の確保などの条件をクリアできれば高校生でも一人暮らしが可能です。
今回は、高校生の一人暮らしをおこなう際の問題点や契約時の流れについてご紹介します。

高校生でも一人暮らしは可能か

高校生が一人暮らしをすることは可能ですが、親の同意が必要です。
賃貸物件の契約者が親となるケースがほとんどのため、親の同意は必須となります。
また、公立高校に通っている場合、一人暮らしは難しいです。
公立高校の入学条件として、保護者と本人が同じ住所に住んでいるといった条件があります。
学校が認める特別な理由がない限り一人暮らしは難しいでしょう。
現在18歳未満が未成年者となっているため、18歳であれば賃貸物件の契約が可能と考える方もいるでしょう。
しかし、高校3年生で契約を結ぼうとした場合、入居審査で落ちてしまいます。
18歳以上でも高校生のうちは親の同意を得てから一人暮らしをおこなうようにしましょう。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

高校生の一人暮らしの問題点とは

高校生が一人暮らしをする際の問題点は、親の許可が下りにくい点です。
親の理解を得られない場合、賃貸物件の契約ができません。
また、生活費の面でも問題が生じる可能性があります。
高校生がアルバイトで得られる収入は限られており、家賃や光熱費、食費などの生活費のやりくりが難しいです。
学校とアルバイトの両立も難しいポイントになります。
学校自体でアルバイトを禁止している可能性もあるため、事前に確認しましょう。
さらに、宗教や新聞勧誘などのトラブルにも注意が必要です。
高校生の場合、経験や判断力が不十分なため、トラブルに巻き込まれやすいです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

高校生が一人暮らしする際の契約までの流れとは

高校生が一人暮らしをする際の契約までの流れは、親の許可を得た後、不動産会社などで賃貸物件を探すことから始めます。
インターネットや不動産仲介サイトを活用して、予算など条件にあった物件を探しましょう。
同時に初期費用や生活費など出費にどのくらいかかるか計算し準備が必要です。
条件にあった物件を見つけたら、大家さんに確認をおこないます。
高校生の一人暮らしの場合、大家さんが不安に感じ反対される可能性があるためです。
大家さんから許可が下りたら、申込手続きをおこないます。
必要書類や保証人の手続きなどをおこなったあと、入居審査に進み、審査が通れば、契約手続きを経て、入居が決定します。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

高校生が一人暮らしする際の契約までの流れとは

まとめ

高校生の一人暮らしをおこなう際の問題点や契約時の流れについてご紹介しました。
親の同意が得られなければ、一人暮らしはできません。
また、生活費を確保するためのアルバイトと学校生活の両立は難しい可能性があります。
実際に生活できるか検討してみると良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロがサポートいたします。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、弊社までご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|大学生の一人暮らしでペットは飼える?メリットやおすすめのペットをご紹介   記事一覧   女性の一人暮らしにかかる初期費用とは?生活費や貯金をするコツもご紹介|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る