【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 女性の一人暮らしにかかる初期費用とは?生活費や貯金をするコツもご紹介

女性の一人暮らしにかかる初期費用とは?生活費や貯金をするコツもご紹介

女性の一人暮らしにかかる初期費用とは?生活費や貯金をするコツもご紹介

女性のなかには初めての一人暮らしをしてみたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
実は一人暮らしを始めるには、初期費用がかかるのをご存じでしょうか。
初期費用は意外と高く、おおよそ家賃5~7か月分かかると言われています。
今回は、女性の一人暮らしにかかる初期費用や生活費、貯金をするコツをご紹介します。

女性の一人暮らしにかかる初期費用

女性の一人暮らしはおおよそ家賃5~7か月分の初期費用がかかると言われています。
初期費用は大きく分けて契約費用・引っ越し費用・家財の購入費用の3種類です。
まず、賃貸物件を借りる際には契約費用がかかり、主に賃料や敷金礼金、仲介手数料、火災保険料などがあります。
次に引っ越し費用で、引っ越し業者に依頼するなら3〜8万円ほどが相場です。
料金は依頼時期、移動距離、荷物量などさまざまな要因で変動します。
最後に、初めて一人暮らしをするなら家具家電などの家財を購入しなければなりません。
家具にはベッドやテーブル、家電には冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、小さい家電なら掃除機や炊飯器、電気ケトルなどがあります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

女性の一人暮らしにかかる生活費

女性の一人暮らしには家賃や食費、水道光熱費、医療費、通信費などがかかり、1か月あたりの生活費は18万円ほどです。
そのなかでも、衣服や理美容にかける費用は男性と比べると高い傾向です。
そして、年代によって一人暮らしにかかる生活費が異なります。
20代は社会人になったばかりで収入が少なく、お金に余裕がありません。
その反面、支出額は他の年代に比べて少なく、生活費を節約している方もいます。
30代はキャリアを積み、収入に余裕が出るため、生活費を上げたり自分磨きに使ったりする方もいます。
注意したいのは冠婚葬祭で、突然の出費がかかるため、一定額の貯蓄は必要でしょう。
40代は病気のリスクが増えるため医療費や保険料が高くなり、老後を含めた人生計画が必要な年代です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

女性の一人暮らしで貯金をするコツ

貯金をするコツには先取り貯金・予算を決める・固定費の削減の3つがあります。
最初に、入った給与のなかから貯金したい額をあらかじめ別の口座に入れてみましょう。
残ったお金での生活を強いられるため、貯金が苦手な方でも自然とお金が貯まります。
続いて、生活費ごとに予算を決めてみましょう。
各費用の上限は達成できる範囲で構わないため、自身の生活スタイルに合わせると管理しやすいです。
最後に、生活に関わる固定費を見直して、費用を抑えてみましょう。
固定費は毎月一定額を出す費用で、家賃や水道光熱費、保険料、通信費などがあります。
各社サービスにはお得なプランもあり、一度見直すと生活費を大きく抑えられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

女性の一人暮らしで貯金をするコツ

まとめ

ここまで女性の一人暮らしにかかる初期費用をご紹介しました。
初期費用はおおよそ家賃5~7か月分がかかると言われています。
女性の一人暮らしにはさまざまな生活費がかかりますが、コツを掴めば貯金は可能です。
初めての一人暮らしを検討している女性は、ぜひ参考にしてください。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介   記事一覧   家賃を払えない場合のリスクと対処法とは?利用できる公的制度も解説!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る