【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介

シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介

シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介

シングルマザーで賃貸物件の契約を検討している方のなかには「入居審査が通るか」「初期費用の負担はどの程度か」不安に感じる方もいるのではないでしょうか。
また、活用できる手当や助成金があれば賃貸物件を契約するハードルも下がるはずです。
そこで今回は、シングルマザーの方が賃貸物件を契約する際の入居審査や初期費用、各種手当についてご紹介します。

シングルマザーが賃貸物件を契約する際の入居審査のポイント

シングルマザーの方であっても、賃貸物件ごとに定められた条件を満たしていれば入居審査の通過が可能です。
入居審査では主に「家賃をしっかり払い続けられるか」がポイントとなります。
審査の際に見られるポイントのひとつは、年収や連帯保証人の有無です。
そのため、賃貸物件の家賃を払い続けられるだけの収入があると証明できれば、入居審査に有利に働きます。
連帯保証人については、万が一の時に家賃を肩代わりしてくれる方を探す必要があります。
依頼できる方がいない場合には、入居者に代わり家賃を立て替えてくれる保証会社の利用も選択肢のひとつです。
ただし、賃貸物件によっては、保証会社の利用を認めていないケースもあるため注意しましょう。
また、子どもの年齢も入居審査時のポイントとなります。
小さな子どもがいると、夜泣きなど騒音のリスクから入居審査に通りづらくなるケースもあるため、注意が必要です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

シングルマザーが賃貸物件を契約する際にかかる初期費用の相場

賃貸物件を契約すると、さまざまな初期費用が発生します。
敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料、保証会社の利用料などが一般的に多い初期費用です。
初期費用の相場は家賃の4~6か月ほどといわれていて、家賃が8万円だと32万~48万円ほどになります。
少しでも費用を抑えたい方は、初期費用が安い賃貸物件を探すと良いでしょう。
礼金が0円の賃貸物件や入居後に一定期間家賃が免除となるフリーレント物件などもあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

シングルマザーが賃貸物件を契約する際に利用できる手当や助成金

シングルマザーの方が利用できる手当や助成金のひとつが、児童扶養手当です。
ひとり親で18歳未満の子どもがいる世帯には、2か月に一度、所得から換算される一定の金額が支給されます。
また、自治体ごとにシングルマザーの方に向けて、さまざまな手当や助成金を設けているケースもあります。
賃貸物件の契約を検討の際は、管轄の自治体でどのような支援制度があるのか確認しておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

シングルマザーが賃貸物件を契約する際に利用できる手当や助成金

まとめ

シングルマザーの方でも一定の条件を満たせば入居審査通過が可能であるため、事前に審査のポイントを確認しておくと安心です。
さらに、初期費用を抑えるコツやさまざまな手当もあるため、負担を軽減させながら賃貸物件の契約を検討しましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
土地建物の売却でお困りでしたら、弊社までご連絡ください。


≪ 前へ|賃貸物件で生ゴミはどう保管する?方法や場所をご紹介   記事一覧   家賃を払えない場合のリスクと対処法とは?利用できる公的制度も解説!|次へ ≫

トップへ戻る