【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > システムキッチンがある賃貸物件のメリットとは?チェックポイントも解説

システムキッチンがある賃貸物件のメリットとは?チェックポイントも解説

システムキッチンがある賃貸物件のメリットとは?チェックポイントも解説

キッチンはほとんど毎日利用する設備のひとつなので、住まい探しにおいて重視する方は多いでしょう。
なかでもシステムキッチンは、その利便性の高さから人気を集めています。
今回は、システムキッチンについて、メリット・デメリットやチェックポイントも含めて解説します。
賃貸物件を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

賃貸物件におけるシステムキッチンとは

システムキッチンとは、天板がひと続きになっており、シンクやコンロ、収納などがすべて一体型となっているキッチンです。
昭和40年代の後半に登場して以降人気を集め、現在では広く普及しています。
日本の住居に合うように設計され、機能面も充実させた国産メーカーのほか、スタイリッシュなデザインの海外メーカーを採用している物件も多いです。
なお賃貸物件では、ビルトインコンロと呼ばれるコンロを組み込み、キッチン下の収納や吊り戸棚まで一体型のシステムキッチンが一般的です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

システムキッチンの賃貸物件に暮らすメリットとデメリットとは

システムキッチンのメリットは、掃除がしやすい点です。
天板が一体化しているシステムキッチンは、コンロとシンクの間に隙間がないので汚れがたまりにくく、拭き掃除もしやすい特徴があります。
また、収納スペースが充実しているのもメリットと言えるでしょう。
調理道具や食器、調味料を収納できるので、料理をよくする方にも向いている設備です。
ただ、家賃が高くなりやすいデメリットもあります。
ほかの条件によっても変わるため一概には言えませんが、システムキッチンの賃貸物件は、最低でも1万円ほど家賃が上乗せされる傾向にあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件のシステムキッチンでチェックすべきポイント

使いやすいシステムキッチン選びのためには、高さと奥行きのチェックが大切です。
低すぎると前かがみになるので負担を感じやすく、高すぎると作業しにくくなってしまいます。
また、洗い物を置いたり、フライパンや鍋の仮置きをしたりするスペースがとれるだけの奥行きも必要です。
そして、収納量もチェックしておきたいポイントのひとつです。
十分な収納スペースが備わっているかだけでなく、使用頻度の高い食器や調味料が出し入れしやすいかも確認しておきましょう。
ほかに、二人暮らし以上の場合には、動線やコミュニケーションのとりやすさもチェックしておきたいところです。
対面キッチンやカウンターキッチンであれば、二人でも作業がしやすく、一人が作業をしているときでも顔を合わせて会話ができます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件のシステムキッチンでチェックすべきポイント

まとめ

以上、システムキッチンがある賃貸物件について解説しました。
システムキッチンは天板が一体化しているキッチンで、掃除がしやすいメリットがある一方、家賃が高くなりやすいデメリットもあります。
物件選びでは、高さ・奥行きのほか、収納スペースもチェックするのがポイントです。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロがサポートいたします。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、弊社までご連絡ください。


≪ 前へ|バス・トイレ別賃貸物件のメリットとデメリットを解説!   記事一覧   賃貸物件で生ゴミはどう保管する?方法や場所をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る