【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 新婚生活の家賃の目安は?家賃を抑える方法や注意点もご紹介!

新婚生活の家賃の目安は?家賃を抑える方法や注意点もご紹介!

新婚生活の家賃の目安は?家賃を抑える方法や注意点もご紹介!

新婚生活に向けて新居を借りる際、家賃が高すぎる住まいを選ぶと、家計が苦しくなってせっかくの新婚生活が台無しになりかねません。
家賃は無理のない金額にしたいところですが、具体的にいくらが適切なのかわかりにくいところではないでしょうか。
そこで今回は、新婚生活の家賃の目安にくわえ、家賃を抑えるコツと新居を借りる際の注意点もご紹介します。

新婚生活の家賃の目安

新婚生活においても家賃は手取りを基準に決めるものであり、具体的には手取りの3割以下が推奨されています。
ただし、目安はあくまで目安に過ぎず、手取りの3割以下に抑えれば問題ないとは限りません。
今後、出産やマイホームの購入を予定している夫婦は、少しでもお金を貯める必要があり、家賃はできるだけ安く抑えるのがおすすめです。
一方、今後に大きな出費をともなう予定がなく、自宅で過ごす時間も多い夫婦は、家賃が少し高くても問題は起きないものです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

新婚生活の家賃を抑えるコツ

会社員の方は、勤め先にある住宅手当を使えないか、一度検討したいところです。
家賃補助がどれだけ出るかは一概にいえませんが、1か月あたりに1~2万円を補助してもらえるのが一般的です。
住宅手当を利用できないときは、お得度の高い特殊な賃貸物件を探してみましょう。
特定優良賃貸住宅やUR賃貸住宅は、入居者に家賃補助が出るうえに初期費用も安く抑えられ、家計への負担が軽減されます。
また、賃貸物件を選ぶとき、住まいの希望条件をすべて叶えようとしないことも大事です。
優先度の低い条件に関しては多少妥協して住まいを選ぶほうが、家賃を抑えられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

家賃がポイントに!新婚生活で新居を借りる際の注意点

新婚生活のために新居を借りるときは、少しでも条件の良い住まいを選びたくなるものです。
しかし条件が良いほど家賃は上がる傾向にあり、予算を超える可能性も高くなります。
オーバーしている額がわずかでも、家賃が予算を超える住まいは借りないほうが安全です。
もしそこを借りてしまうと、家賃の支払いで家計がしだいに苦しくなり、マイホームの購入などのライフプランにも差し障りかねません。
あわせて、家賃の予算を夫と妻のどちらがどのように出すかも事前に話し合いたいところです。
お互いの収入をもとに負担割合を具体的に決めていないと、家賃の支払いをめぐって入居後にトラブルが起きる場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

家賃がポイントに!新婚生活で新居を借りる際の注意点

まとめ

新婚生活の家賃は、手取りの3割以下が許容範囲とされますが、夫婦の今後の予定によって目安は変わります。
家賃を抑えるコツには、住宅手当の利用、家賃補助が出る賃貸物件への入居などがあります。
新居を借りる際の注意点は、家賃が予算を超える住まいは選ばないことなどです。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
土地建物の売却でお困りでしたら、弊社までご連絡ください。


≪ 前へ|バス・トイレ別賃貸物件のメリットとデメリットを解説!   記事一覧   同棲をするベストなタイミングとは?注意点についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る