【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件で家賃が安い理由とは?事故物件の可能性や安くなる時期もご紹介

賃貸物件で家賃が安い理由とは?事故物件の可能性や安くなる時期もご紹介

賃貸物件で家賃が安い理由とは?事故物件の可能性や安くなる時期もご紹介

賃貸物件を探しているときに、相場よりも家賃が安い賃貸物件を見つけることがあります。
条件が悪くないのに家賃が安い場合、何かしら理由があるケースが多いため、契約する前にその理由を知っておくことは大事です。
今回は、賃貸物件で家賃が相場よりも安い理由や、事故物件の可能性、賃貸物件の家賃が安くなる時期についてもご紹介します。

賃貸物件の家賃が安い理由とは?

賃貸物件で家賃が安い理由のひとつに、低層階で日当たりが悪いケースが考えられます。
マンションの場合、高層階になるにしたがって日当たりや通気性が良くなり、騒音も軽減されるため、階が高くなるほど家賃も高くなるのが一般的です。
隣接して建物が建っているマンションの場合、低層階は採光性が低く日当たりが悪い部屋もあるため、家賃が安くなっているかもしれません。
また、賃貸物件の近くに鉄道の線路や高速道路がある場合、騒音がネックになり家賃が安くなっている可能性もあります。
ほかには、近いうちに取り壊し予定のある賃貸物件も、期間限定で家賃を安く設定しているケースもあるので、契約前に確認をしておくと安心です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

家賃が安い賃貸物件は事故物件の可能性がある?

一般的に事故物件とは、その部屋で過去に事件や事故があった、前の入居者が部屋で亡くなった物件のことを呼びます。
賃貸物件が事故物件の場合も、家賃を安く設定している可能性があるため、相場より家賃が安い場合はあらかじめ確認しておいたほうが良いです。
もし借りる部屋が事故物件の場合、不動産会社はそれを新しい入居者に伝える「告知義務」があるため、知らずに入居してしまう心配はありません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の家賃が安い時期とは?

人気がない物件以外でも、引っ越し時期によっては家賃が安くなっている可能性があります。
一般的に、不動産屋の閑散期は4月~6月と、10月~11月です。
このシーズンは入居希望者が少なく、入居者が決まりにくい傾向にあり、空室を解消したいために家賃が安くなるケースがみられます。
この場合は物件自体になにも問題はないので、良い物件を安い家賃で探したいなら、引っ越し時期をずらすと見つけられるかもしれません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の家賃が安い時期とは?

まとめ

賃貸物件で家賃が相場よりも安いと、事故物件ではないかと心配になってしまいます。
しかし、住居の周辺環境などの理由によって家賃が下げられている可能性もあります。
家賃が安い理由をしっかり確認して、納得のいく物件選びをおこないましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


≪ 前へ|バス・トイレ別賃貸物件のメリットとデメリットを解説!   記事一覧   同棲をするベストなタイミングとは?注意点についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る