【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件で起きるペットが原因の騒音トラブルとは?防音対策とともに解説!

賃貸物件で起きるペットが原因の騒音トラブルとは?防音対策とともに解説!

賃貸物件で起きるペットが原因の騒音トラブルとは?防音対策とともに解説!

アパートやマンションでペットを飼っていると、気づかないうちに近隣へ迷惑をかけてしまうことがあります。
防音対策をしっかりとおこなっていないと、トラブルに発展するなど生活しづらくなってしまうでしょう。
そこで今回は、賃貸物件におけるペットが原因の騒音トラブルやその対策、物件選びのコツをご紹介します。

賃貸物件でよく起こるペットが原因の騒音トラブル

ペットが原因で引き起こる騒音トラブルにはさまざまな種類がありますが、大半は足音や着地音が下階に響いてしまうケースが占めています。
ペットのなかでも猫はソファや棚の上など高いところから飛び降りる習性があるため、体が小さくても大きな音が出てしまいます。
また、鳴き声による騒音トラブルも多発しているので注意が必要です。
日中はその他の騒音で気にならない場合もありますが、夜間は音が目立ってしまうためトラブルに発展しやすくなります。
さらに、ゲージの金属音や爪研ぎの音も賃貸物件では注意しておきたいポイントです。
音が気にならない素材に変更するなど防音対策をするとともに、ゲージや爪研ぎの設置場所も慎重に検討する必要があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件でペットを飼うときの防音対策

賃貸物件でペットを飼うなら、壁・床・窓の防音対策をしておきましょう。
壁の防音対策として有効なのは、吸音パネルや遮音シートの設置です。
あわせて、背の高い家具を配置する際は隣室に接した壁を選ぶなどレイアウトにも工夫を凝らす必要があります。
床の防音対策としておすすめなのは、カーペットを敷くことです。
とくに足音が気になる方は、市販の防音シートやコルクマットをカーペットの下に使用すると良いでしょう。
窓の防音対策として挙げられるのは、遮音カーテンや防音カーテンを設置することです。
ペットの鳴き声が窓から漏れてしまう可能性もあるため、入念な対策をしておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

ペットと快適に暮らすための賃貸物件選び

賃貸物件でペットを飼う場合は、飼育できる種類や頭数をあらかじめ確認しておくことが大切です。
ペット可の物件であっても、動物の種類や頭数によっては断られる可能性があります。
また、新築や高層階の物件は避けたほうが無難です。
新築は傷や汚れが目立ち、退去時の原状回復費用がかさんでしまう恐れがあります。
高層階の物件は転倒リスクがあるため、ペット飼育を伴う物件選びでは除外することがポイントです。
その他、内見時には室内の防音性をチェックする必要があります。
部屋の真ん中で手を叩いてみたり四方の壁を軽く叩いてみたりして確認しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

ペットと快適に暮らすための賃貸物件選び

まとめ

賃貸物件でよくあるペットの騒音トラブルは、足音や鳴き声・ゲージの金属音などが原因で起こります。
壁・床・窓の防音対策をしっかりおこない、近隣に迷惑をかけることがないようにしましょう。
ペットを飼育したいときの物件選びでは、飼える動物の種類や頭数などをチェックすることが重要です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


≪ 前へ|バス・トイレ別賃貸物件のメリットとデメリットを解説!   記事一覧   同棲をするベストなタイミングとは?注意点についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る