【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件で猫が脱走する理由は?防止策や注意点を解説!

賃貸物件で猫が脱走する理由は?防止策や注意点を解説!

賃貸物件で猫が脱走する理由は?防止策や注意点を解説!

賃貸物件にお引っ越しを検討されている方のなかには「猫と生活したい」と考える方もいらっしゃると思います。
賃貸物件で猫を飼う際のトラブルとして多いのが猫の脱走ですが、猫の脱走を防止するにはどうすれば良いのでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件で猫が脱走する理由、猫の脱走防止策、脱走防止アイテムを選ぶときの注意点を解説します。

賃貸物件で猫が脱走する理由は?

賃貸物件への引っ越し時に、猫がベランダなどから脱走するケースがあります。
とくに、以前は静かな環境で過ごしていた猫ほど、大きな物音に驚いてパニックになる可能性が高いです。
隣室から聞こえる生活音や工事の音などが原因で、猫が脱走を試みることも少なくありません。
また、新しい賃貸物件に引っ越してきたばかりの場合、環境の変化によるストレスから外に出たがることもあります。
さらに、部屋の外にいる動物や人間に対する好奇心から、脱走してしまうことも考えられます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件でできる猫の脱走防止策!

飼い主が玄関を開けた瞬間に猫が逃げ出してしまうケースがあります。
玄関からの脱走防止策には、猫用の脱走防止扉の設置が有効です。
賃貸物件に設置する場合は、突っ張り棒タイプの脱走防止扉であれば、天井や床を気付付けないので安心です。
猫が網戸を器用に開けて脱走するケースも少なくありません。
網戸からの脱出を防止するためには、100円ショップなどで購入できる網戸ストッパーが有効です。
また、ベランダにネットやフェンスなどを設置しておけば、網戸を破られたり、外されたりした場合にも安心です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

脱走防止アイテムを設置するときの注意点!

賃貸物件の玄関に猫用の脱走防止扉を設置する場合、高さのあるものを選びましょう。
同様に、ベランダに設置するネットやフェンスも高さがあるものを選ぶ必要があります。
猫はジャンプ力があり、思いがけない高さから脱走することがあるため、慎重に対策を考えるべきです。
さらに、猫は柔軟性があるため、わずかな隙間からも脱走することがあります。
脱走防止策を導入する際には、高さだけでなく、隙間がないかも確認しましょう。
また、猫が飛び乗った際に脱走防止扉やフェンスが倒れないよう、転倒防止対策も忘れずにおこないましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件で猫が脱走する理由は?

まとめ

大きな音に驚いたり、環境変化でストレスを感じたりして猫が脱走することがあります。
猫用の脱走防止扉やネット、フェンスなどを設置して脱走防止策を講じましょう。
脱走防止策を講じたら高さや隙間、強度なども忘れずにチェックしてください。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る