口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 大学生の一人暮らしには賃貸物件の保証人が必要?なしで借りる方法も解説

大学生の一人暮らしには賃貸物件の保証人が必要?なしで借りる方法も解説

大学生の一人暮らしには賃貸物件の保証人が必要?なしで借りる方法も解説

高校卒業後、進学を機に一人暮らしを検討する方もいらっしゃるでしょう。
賃貸物件を借りると家賃を継続して支払わなければならないため、万が一の場合でも入居する本人に代わって継続して支払える保証人が必要です。
本記事では大学生の一人暮らしについて、入居審査で見られるポイント、保証人の必要性や立てずに物件を借りる方法について解説します。

大学生の一人暮らしで賃貸借契約の入居審査で見られるポイント

民法改正により、18歳以上の成人は親の同意なしで大学生であっても物件を借りることができるようになりました。
しかし、入居審査は必ずおこなわれ、合否に影響を及ぼす要点が存在します。
まず、1つ目は家賃の支払い能力です。
親が契約者としている場合、親が安定した収入を持っていれば、入居審査に通過しやすくなります。
2つ目は、連帯保証人の保証意思です。
身近な親族が安定した収入を持っている場合、家賃の支払いが継続できると判断され、審査に通過しやすくなります。
3つ目は、入居者の常識や行動に関する要因です。
物件の貸主は入居者にトラブルを避けたいため、入居希望者の人柄や態度を評価します。
そのため、非常識な行動や清潔感の欠如などは入居審査で不利になる可能性があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

大学生が一人暮らしするためには基本的に保証人が必要

通常、大学生には職や安定した収入がないため、一人暮らしのために賃貸物件を借りる際には連帯保証人が必要です。
連帯保証人は、基本的に保証人と同じ役割を果たしますが、催促があると即座に支払わなければならない責任が伴います。
連帯保証人になる条件にはいくつかの要件があります。
たとえば、安定した職に就いていること、借りたい物件の家賃を支払う能力があること、日本国内に住んでいることなどが挙げられます。
また、依頼できる連帯保証人には、親以外の親族であるおじやおば、甥や姪などの3親等以内の親族が該当する場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

大学生が保証人なしで賃貸物件を借りる方法3選

安定した収入のない大学生でも、保証人なしで賃貸物件を借りる方法があります。
1つ目は、保証会社を利用することです。
保証会社に一定の保証料を支払うと、家賃を滞納した場合に代わりに支払ってくれる保証人を立てることができます。
ただし、保証会社を自分で選ぶことができない場合や、大家さんや管理会社が保証会社と契約していない場合もあるため、事前に確認が必要です。
2つ目は、クレジットカードで家賃を支払える物件を選ぶ方法です。
ただし、物件に関連する保証会社や不動産会社が指定するクレジットカードの使用が条件となります。
3つ目は、保証人が不要な物件を選ぶ方法です。
ただし、このような物件は訳あり物件であったり、人気が低かったりする可能性があるため、入居を検討する際には注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

大学生の一人暮らしで賃貸借契約の入居審査で見られるポイント

まとめ

大学生が賃貸物件を借りる際、入居審査では親の収入の安定性や入居希望者本人の人柄などが評価されます。
通常、保証人が必要ですが、保証人なしでも物件を借りる方法があります。
具体的な方法としては、保証会社を利用することや、クレジットカードで家賃を支払うことなどが考えられます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|賃貸借契約の高齢者への入居制限や基準!契約するための対策もご説明   記事一覧   賃貸物件に固定電話を設置するメリットは?開通工事の費用負担者も解説!|次へ ≫

トップへ戻る