【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 宅配ボックス付き賃貸物件のメリット・デメリットは?種類についても解説!

宅配ボックス付き賃貸物件のメリット・デメリットは?種類についても解説!

宅配ボックス付き賃貸物件のメリット・デメリットは?種類についても解説!

賃貸物件を探していると、付帯設備のなかに「宅配ボックス付き」と記載されている物件を見かけることも多いのではないでしょうか。
しかし、宅配ボックス付き物件に住んだことがない方は、どのようなメリットとデメリットがあるのか、わからないこともあるかもしれません。
そこで今回は、宅配ボックス付き賃貸物件のメリット・デメリットにくわえ、種類についても解説します。

宅配ボックス付き賃貸物件のメリットは?

宅配ボックス付きの物件のメリットは、不在時でも荷物を受け取ることができる点です。
仕事が忙しく、配達時間内での受け取りが難しい場合でも、宅配ボックスがあれば迅速に荷物を受け取ることができます。
また、配達員と対面する必要がないため、防犯面でも効果的です。
また、宅配ボックスを設置する費用がかからないことも利点の一つです。
物件に最初から設置されている場合は、自分で宅配ボックスを設置する手間や費用をかける必要はありません。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

宅配ボックス付き賃貸物件のデメリットは?

宅配ボックス付きの物件のデメリットは、いつでも利用できるわけではない点です。
これは入居者全員で共同利用するため、その数には制限があり、ボックスが埋まっている場合は新たな荷物を受け取ることができません。
また、宅配ボックスは共用部の設備であるため、管理費や共益費が高額に設定されている可能性もあるでしょう。
さらに、荷物の管理は入居者の自己責任となります。
不在票がポストに投函されていたにも関わらず気づかず、荷物が届いていたことに気づかないケースもあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件に設置されている宅配ボックスの種類は?

宅配ボックスの種類には、機械式と電気式の2種類が存在します。
機械式は、宅配ボックスにダイヤル式の鍵が付いているタイプであり、配達業者によって解錠番号が決められるものです。
その番号は不在票に記載されていて、ポストに入った不在票を入居者が確認して解錠する仕組みとなっています。
電気式は操作パネルが付いているタイプで、配達業者がそのパネルの指示にしたがって荷物を宅配ボックスに入れます。
入居者は、入居時に受領したICカードやあらかじめ割り振られている暗証番号を利用して解錠するため、機械式よりもセキュリティが高いことが特徴です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

宅配ボックス付き賃貸物件のメリットは?

まとめ

宅配ボックス付き物件のメリットとして、不在時でも荷物を受け取れることや、自分で設置する費用がかからないことなどが挙げられます。
機械式と電気式の2種類のタイプがありますが、セキュリティ性が高いのは電気式です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る