【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件での一人暮らしで浄水器を置くメリットや注意点をご紹介!

賃貸物件での一人暮らしで浄水器を置くメリットや注意点をご紹介!

賃貸物件での一人暮らしで浄水器を置くメリットや注意点をご紹介!

これから引っ越しをする方のなかには、おいしくて安全な水を飲むために浄水器の設置を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
浄水器にはさまざまな種類があるため、自分に合うタイプを知っておくことも大切です。
そこで今回は賃貸物件での一人暮らしで浄水器を置くメリットや注意点、浄水器の種類についてもご紹介します。

賃貸物件での一人暮らしに浄水器を置くメリット

家庭に浄水器を設置することで、手軽においしい水を飲むことができます。
水道水には雑菌や微生物の繁殖を抑えたり、消毒したりするために塩素が含まれていますが、浄水器は活性炭などで作られたカートリッジを使用して、この塩素を取り除いてくれます。
その結果、塩素特有の風味やにおいがなくなり、まろやかでおいしい水が楽しめます。
また、浄水器のろ材は水道管内のサビなどの有害物質も取り除いてくれるため、飲み水の品質と安全性が向上します。
これにより、市販のミネラルウォーターを購入する必要がなくなり、経済的にも節約につながります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件での一人暮らしにおすすめな浄水器の種類

浄水器には、主にポット型、蛇口直結型、据え置き型など、いくつかの種類があり、選択肢の中から自身のライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。
まず、ポット型はフィルターが内蔵された水筒型の容器に水道水を注ぎ、コップなどに注ぐときに水道水がフィルターで浄化されるタイプです。
この種の浄水器は他のタイプに比べて初期費用が抑えられ、設置が容易で手軽に取り入れることができます。
蛇口直結型は蛇口の先端に取り付けることで、ハンドルをひねるだけで浄水された水を利用できます。
容器に水を注いだり、容器を洗ったりする手間が省け、料理にも利用しやすい特長があります。
それに対し、据え置き型は浄水器本体を水道に近い場所に設置するタイプで、フィルターの寿命が比較的長いのが特徴です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件での一人暮らしで浄水器を置くときの注意点

賃貸物件に浄水器を設置する際には、まず賃貸借契約書に違反しないかを確認することが大切です。
賃貸物件で設備を交換する場合、通常は大家さんや管理会社の許可を得る必要があり、許可を得ずに設備を変更すると、原状回復や退去を命じられる可能性があります。
さらに、蛇口や水栓の種類によっては、選んだ浄水器が適合しない可能性もある点に留意が必要です。
適合性を確認せずに浄水器を購入すると、購入費が無駄になる危険性があります。
各メーカーは取り付けができる蛇口のサイズなどを公表していることがあるため、事前に確認してから購入しましょう。
浄水器を通すことで水道水から塩素が取り除かれますが、浄水された水は日持ちしないため、長期間放置すると雑菌が繁殖する可能性があります。
したがって、冷蔵庫で保管するか、1〜2日以内に飲むよう心がけましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件での一人暮らしに浄水器を置くメリット

まとめ

賃貸物件での一人暮らしで浄水器を使いたいときは、契約違反ではないか、どのようなタイプが適応するのかなど注意点を事前に確認しておくことをおすすめします。
浄水器の種類によって使い方やフィルターの寿命などが異なるため、特徴を把握しておくことも大切です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る