【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 一人暮らしの開始に最適な年齢とは?年代ごとにメリット・デメリットを解説

一人暮らしの開始に最適な年齢とは?年代ごとにメリット・デメリットを解説

一人暮らしの開始に最適な年齢とは?年代ごとにメリット・デメリットを解説

進学や就職のタイミングで、一人暮らしをするかどうか迷った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一人暮らしを始めるのに最適な年齢はあるのかなど、生活に関する疑問を持つ方は多いです。
そこで今回は、進学や就職時、社会人になった後、それぞれのタイミングで一人暮らしを始めるメリット・デメリットについて解説します。

進学に合わせて18〜19歳の年齢で一人暮らしを始める場合

18〜19歳で進学を機に一人暮らしを始めるメリットとして、家計の管理能力の向上が挙げられます。
高校生まで親の元で生活していた場合、家計を自分で管理する経験が限られていることが一般的です。
進学を機に一人暮らしを始めると、将来に役立つであろう家計の管理スキルを早い段階で身につけることができます。
また、一人暮らしをすることで、勉強や研究など学業に集中する環境を整えやすくなります。
生活音や他の人のスケジュールに気を取られず、自分の時間を有効に活用できるでしょう。
一方で、18〜19歳の年齢での一人暮らしには、デメリットも存在します。
学業やアルバイトにくわえ、料理や洗濯などの家事全般をこなさなければならないため、生活の乱れが起こりやすくなります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

就職に合わせて20〜22歳の年齢で一人暮らしを始める場合

20〜22歳で就職を機に一人暮らしを始めるメリットとして、自由な休日を過ごせる点が挙げられます。
実家にいると、何かと制限がありますが、一人暮らしをする場合、自身の収入に合わせて、自由に友達と遊んだり、家に友達を招いたりと休日を楽しむことができます。
また、自分のペースで食事を摂ったり、家事をこなしたりできる利点もあります。
ただし、デメリットの一つとして、貯金が難しい点が挙げられます。
実家に住んでいる場合、家賃や光熱費が比較的低額で済みますが、一人で生活すると支出が増え、貯金が難しくなることがあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

社会人になってから25~30歳の年齢で一人暮らしを始める場合

25~30歳で社会人生活が落ち着いてから一人暮らしを始めるメリットは、ゆとりのある生活を楽しめる点です。
この年齢に達すると、一定の貯金ができ、車や高価な家電など、より自由な生活を送る余裕が生まれます。
さらに、財政的に余裕がある場合、高めの家賃を支払ってでも、自分の好みに合った部屋を選びやすくなります。
一方で、これまでの一人暮らし経験がない場合、家計の管理が難しく、無駄遣いしてしまう可能性がある点がデメリットです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

進学に合わせて18〜19歳の年齢で一人暮らしを始める場合

まとめ

一人暮らしを始めるには、進学や就職、社会人生活が落ち着いた後など、さまざまなタイミングがあります。
それぞれのタイミングでメリット・デメリットがあるため、自分に合ったタイミングを見極めて一人暮らしを始めましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る