【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件にも多いクッションフロアとは?注意点や原状回復について解説!

賃貸物件にも多いクッションフロアとは?注意点や原状回復について解説!

賃貸物件にも多いクッションフロアとは?注意点や原状回復について解説!

近年、床材として人気があるのがクッションフロアであり、賃貸物件でも多く取り入れられています。
しかし、実際にそこで暮らすには注意点があり、退去時に原状回復の費用が高額になってしまう恐れもあるのです。
そこで今回は、クッションフロアとは何か、クッションフロアの賃貸物件での注意点や原状回復についてご紹介します。

クッションフロアとはどのような床材なのか?

クッションフロアは、主に塩化ビニール系の素材から作られた床材で、不動産業界や建築業界では「CF」と略されることもあります。
この床材は、さまざまなデザインがプリントされ、凹凸をくわえてよりリアルな質感を再現することができます。
賃貸物件でも一般的に使用されており、このフロアは指で強く押すと弾力性を感じ、爪で引っかけるとわずかな摩擦感があります。
メンテナンスや施工は簡単ですが、重い家具を移動させた際には、このフロアの特性から設置跡が残りやすいことに注意する必要があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

クッションフロアのある賃貸物件の注意点

賃貸物件のクッションフロアは、長時間ゴム製品が当たると床がサビ色に変色することがあります。
これは、ゴム製品に含まれる老化防止剤が化学変化を引き起こすためで、椅子の塗装やバスマットからの色移りにも気を付けましょう。
さらに、クッションフロアはビニール製で通気性が悪いため、防カビ施工がされていても経年劣化で性能が低下し、カビの発生しやすさに注意が必要です。
また、このフロアは弾力性がありますが、傷がつくと簡単に裂けてしまう傾向があります。
十分な換気をおこなわないと、結露や湿気によって床材が反り返り、お部屋の隅から剥がれる可能性もあるので、これにも注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

クッションフロアがある賃貸物件における原状回復

賃貸物件を退去する際には、原状回復が必要ですが、クッションフロアに生じたへこみについては、通常、修繕費用が請求されることはめったにありません。
その理由は、通常、家具を設置することによるへこみは消耗品とみなされ、借主が費用を負担する必要がないからです。
ただし、へこみが著しく多い場合や、へこみが深刻で床材が損傷している場合は、借主が修繕費用を負担するケースもあります。
同様に、床材が変色していた場合も、借主が修繕費用を負担しなければなりません。
お部屋全体を掃除する際に、家具などを少し移動させて、床材の変色の有無を定期的に確認することがおすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

クッションフロアとはどのような床材なのか?

まとめ

クッションフロアは塩化ビニール系の素材を使用した床材であり、賃貸物件でも多く使用されています。
設置跡がつきやすく、変色やカビの心配があったり、裂けやすかったり剥がれやすかったりするところも注意点です。
退去時の原状回復では通常、へこみの修繕費用は貸主が負担しますが、変色については借主が負担します。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る