【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件が決められないときはどうする?比較の方法を解説!

賃貸物件が決められないときはどうする?比較の方法を解説!

賃貸物件が決められないときはどうする?比較の方法を解説!

賃貸物件は、間取りや立地など目を向ける場所が多いため、お部屋探しで迷ってしまうケースも多々あります。
多くの物件からいくつか絞ったものの、どの物件にするか選べない場合はどうしたら良いのでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件が決められないときにどうするのか、仮押さえの可否や物件の比較方法をご紹介します。

賃貸物件が決められないときはどうする?

賃貸物件を選ぶ際に迷った場合、希望条件に優先順位をつけて比較することが有効です。
優先順位は個人のライフスタイルや好みによって異なりますが、一般的には家賃、立地、間取りの3つが主要な要因です。
まず、家賃は手取り収入の3分の1程度を目安に考え、立地は最寄り駅と駅からの距離を比較して選ぶのがポイントです。
間取りについては、最低限必要なスペースを絞って探すことをおすすめします。
たとえば、一人暮らしの場合、家賃の安いワンルームや1Kの物件が選ばれることが一般的です。
もしまだ決定できない場合、総費用が低い物件を選ぶのが安全です。
初期費用の合計と1年間の総家賃を比較し、コストが少ない選択肢を優先しましょう。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件が決められないときに仮押さえは可能か?

賃貸物件を選定したい方のなかには、物件を仮に予約できるか疑問に感じることがあるでしょう。
しかし、賃貸物件の入居申し込みに関しては、基本的に1つの物件について1度のみの仮押さえしか許可されておらず、同時に2つの物件を仮押さえすることはできません。
したがって、物件選定が進んでいる場合、できるだけ早く決断し、希望の物件に対して正式な入居申し込みをおこなうことがおすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件が決められないときに試したい物件の比較方法

初期費用を抑えたい場合、比較の観点として初期費用の低さを重視するのが有効です。
資金が限られている場合、敷金や礼金のかからない物件や、保証会社の利用が不要な物件を検討しましょう。
一方、月々の維持費を抑えたい場合、1年間の総家賃を考慮することが重要です。
築浅の物件やデザイナーズ物件は、家賃が低い一方で管理費が高い場合があるため、総家賃(家賃と管理費の合計)で比較することが必要です。
さらに、自身のこだわりや必要条件に合わせて物件を選ぶ方法もあります。
たとえば、エレベーターの有無や建物の構造、セキュリティ面などを検討し、物件を選びましょう。
また、周辺環境も考慮し、近隣の利便性や駐車場、駐輪場の有無などを確認して、快適な生活環境を選びましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件が決められないときはどうする?

まとめ

賃貸物件が決められないときは、希望条件に優先順位をつけたり費用で比較したりすると良いでしょう。
物件の仮押さえはできないため、できる限り早く選ぶことが重要です。
物件が選べないときに試したい方法には、費用や条件で比較するほか、周辺環境をチェックする方法もあります。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る