【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件におけるコバエの発生原因とおすすめの駆除方法を解説!

賃貸物件におけるコバエの発生原因とおすすめの駆除方法を解説!

賃貸物件におけるコバエの発生原因とおすすめの駆除方法を解説!

コバエとは、室内で見かける小さな虫を指す用語であり、明確な定義はありません。
コバエは、ゴミの近くや不衛生な水場などで発生することが多く、夏場には台所などで大量発生してしまい、その対処に苦労している方も多いかもしれません。
今回は、賃貸物件でコバエが発生する原因にくわえ、駆除方法と予防策について解説します。

賃貸物件でコバエが発生する原因

コバエという昆虫は、主にショウジョウバエ、ノミバエ、チョウバエ、キノコバエの4種類がいます。
ショウジョウバエとノミバエは、腐った植物や生ごみの周りで発生し、主にキッチン近くで見かけます。
一方、チョウバエは汚れた水域やヘドロが発生源となり、お風呂やトイレで頻繁に見かけます。
キノコバエは湿った土壌や腐葉土に産卵し、観葉植物の周辺でよく見かけます。
これらのコバエの種類ごとに発生場所や原因が異なるため、対策を検討する際には、どの種類が問題となっているのかを理解することが重要です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件で発生したコバエの駆除方法

コバエが生ごみなどに群がっているのを発見した際は、20cmほど離れた距離からスプレー式殺虫剤を噴射する方法が有効です。
コバエが部屋の中を飛び回っている場合は、効果を出やすくするために窓を閉めてから殺虫剤を使いましょう。
このとき、殺虫成分を吸わないようにマスクを着用し、ドアの隙間から部屋の中心に向かって噴射すると効果的です。
子どもやペットがいる家庭など、スプレー式殺虫剤が使いにくい場合は、コバエを誘引して駆除する置き型殺虫剤の使用をおすすめします。
スプレー式殺虫剤と置き型殺虫剤は、ドラッグストアやホームセンターで購入可能です。
発生しているコバエがショウジョウバエの場合は、めんつゆトラップと呼ばれる手作りの駆除グッズも効果を発揮します。
めんつゆトラップは、不要な容器にめんつゆと水を1対5の割合で入れ、少量の台所用洗剤をくわえて完成です。
長期間放置するとコバエの死骸が腐敗する可能性があるので、1週間を目安に捨てましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件でもできるコバエの予防策

コバエは繁殖力が高いため、発生してしまった場合、駆除に時間がかかることがよくあります。
そのため、コバエの発生を予防する対策が重要です。
基本的かつ重要な予防策は、コバエが発生しやすい場所であるキッチン、トイレ、お風呂などを定期的に掃除することです。
三角コーナーや排水溝にたまった生ごみを放置せず、こまめに掃除しましょう。
また、空き缶や空き瓶は汚れたまま放置しないようにし、中身をきれいに洗って乾燥させることが大切です。
さらに、室内にハーブやアロマを配置することもコバエの発生を予防する手段の一つです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件でコバエが発生する原因

まとめ

コバエとは、ショウジョウバエ・ノミバエ・チョウバエ・キノコバエなどの小さな昆虫を指す言葉であり、不衛生な環境で多く発生します。
コバエは一度発生すると駆除に手間がかかるので、普段からコバエを発生させないような生活を心がけましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|賃貸物件が決められないときはどうする?比較の方法を解説!   記事一覧   ペット共生型の賃貸物件とは?借りるメリットや備わっている設備をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る