【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!

手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!

手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!

賃貸物件を探している方のなかには「手取り35万円の家賃目安と生活費内訳」がどのくらいか気になる方も多いでしょう。
賃貸物件で無理なく一人暮らしをしていくためには、収入に見合った家賃と生活費を把握しておくことが大切です。
そこで今回は、手取り35万円で一人暮らしをするときの家賃目安と生活費の内訳、手取り35万円で借りられる賃貸物件の特徴を解説します。

手取り35万円で一人暮らしをするときの家賃目安は?

一般的に、収入の手取り額の3分の1以内が適正家賃であるといわれます。
つまり、手取り35万円で一人暮らしをする場合の家賃は、最大で11万7,000円を目安にしましょう。
お住まいの地域やライフスタイルによりますが、一人暮らしの場合は家賃を10万円以下に抑える方が少なくありません。
高額な家賃を支払うばかりで、広い間取りを活用できないような状況は避けたいところです。
また、貯金などに回すお金を増やしたいのであれば、家賃を手取り額の4分の1以内に設定することをおすすめします。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

手取り35万円で一人暮らしをするときの生活費の内訳は?

総務省が2021年に実施した家計調査では、一人暮らしにおける1か月の家賃除いた生活費は全国平均で約13万円です。
生活費約13万円のうち、食費が約3万8,000円ともっとも大きな割合を占めています。
次いで、通信費・交通費約1万9,000円、教養娯楽費が約1万7,000円、水道光熱費が約1万1,000円と割合を大きく占めています。
手取り35万円で家賃11万7,000円の物件に住む場合は10万円以上が手元に残るため、無理な節約をせずとも問題なく生活を送れるでしょう。
しかし、貯金をしながらゆとりのある生活を送りたいのであれば、やはり家賃はできるだけ抑えることが望ましいです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

手取り35万円の一人暮らしで借りられる賃貸物件の特徴!

前述のとおり、手取り35万円で一人暮らしをする場合の家賃は、11万7,000円が目安となります。
家賃11万7,000円前後の物件には、1DKや1LDKなどの間取りが多く、広めのマンションタイプが多いです。
また、オートロックやカメラ付きインターホンなどセキュリティも充実しています。
新築や築浅の物件が多く、独立洗面台や浴室乾燥機、大容量の収納スペースなど、充実した住環境が整えられている特徴があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

手取り35万円で一人暮らしをするときの家賃目安は?

まとめ

手取り35万円で一人暮らしをする場合、家賃は最大で11万7,000円を目安にしましょう。
家賃11万7,000円の物件であれば、生活費を差し引いても10万円以上が手元に残ります。
家賃11万7,000円の物件は、1DKや1LDKなど間取りが広く設備も充実しています。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|賃貸物件で表札を出すメリットは?デメリットやおすすめの取り付け方も解説   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る