【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!

賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!

賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!

賃貸物件のなかで集合住宅を選ぶとき、部屋の間取りのみならず、中部屋か角部屋かでも住み心地が変わるものです。
イメージどおりの部屋を借りるためにも、部屋の位置ごとの特徴についても、事前の確認をおすすめします。
今回は、賃貸物件の中部屋のメリットとデメリット、角部屋との違いを解説します。

賃貸物件の中部屋のメリット

中部屋とは両隣に隣室がある部屋で、そのメリットにはまず冷暖房効率の良さが挙げられます。
外気は壁越しに室内へと伝わるものですが、中部屋は両隣にある隣室が外気を遮ってくれます。
そのため、外気の影響をあまり受けず、冷暖房の効きが良くて夏場や冬場にも快適です。
次に、中部屋は家具家電のレイアウトが比較的簡単であり、入居後の部屋作りであまり悩まずに済みます。
中部屋は基本的に窓が1方向にしかなく、家具家電が窓を塞ぐ可能性などに注意する必要がないからです。
さらに、集合住宅の部屋の位置に関しては角部屋のほうが人気であり、中部屋だと家賃が少し安くなります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の中部屋のデメリット

中部屋は基本的に1方向にしか窓がないため、眺望面に関してはいまひとつです。
眺望があまり望めない点から、室内に開放感もあまりなく、場合によっては部屋が窮屈に感じられます。
また、室内の通気性は窓の数や方向によって変わり、1方向にしか窓がない中部屋は、風とおしも良くないものです。
換気にあたって工夫をしていないと、窓をこまめに開けていても空気がうまく入れ替わらず、湿気が溜まってカビが生えるおそれがあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の中部屋と角部屋の違い

角部屋とは、そのフロアの端に位置するなどの理由で、片方にしか隣室がない部屋です。
隣室と接していない方向には窓を設置できるため、角部屋は中部屋と違い、2方向に窓があるケースも珍しくありません。
この点から、角部屋は中部屋よりも窓からの眺めが良く、両方の窓を開ければ効率的に換気もできます。
その代わり、片方にしか隣室がないため、角部屋は暑さや寒さの影響を受けやすく、冷暖房効率は下がる傾向にあります。
夏場や冬場に快適に過ごす点を重視するなら、中部屋のほうがおすすめです。
このほか、物件の外から聞こえてくる騒音に関しても両者には違いがあり、両隣に隣室のある中部屋では外の音は聞こえにくくなります。
一方の角部屋は物件の外の音が聞こえやすく、騒音の悩みにつながる場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の中部屋のメリット

まとめ

賃貸物件の中部屋には、冷暖房効率が良い、家賃が安いなどのメリットがありますが、眺望面がいまひとつであることなどはデメリットです。
角部屋との違いには、窓の数や外気の伝わりやすさが挙げられ、それぞれで住み心地も変わってきます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|賃貸物件における瑕疵物件とはどんな物件?物理的・心理的瑕疵の違いを解説   記事一覧   賃貸物件のベランダを活用!注意点と活用方法とは?|次へ ≫

トップへ戻る