【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の軽量鉄骨造とは?メリットや選ぶときのポイントをご紹介

賃貸物件の軽量鉄骨造とは?メリットや選ぶときのポイントをご紹介

賃貸物件の軽量鉄骨造とは?メリットや選ぶときのポイントをご紹介

お部屋探しをしていて、アパートを借りようと思っている方のなかには、建物の構造が気になる方もいると思います。
賃貸物件の説明に、木造建築や軽量鉄鋼造、RC造など記載されていても、違いがよくわからないかもしれません。
今回は、賃貸物件の軽量鉄骨造に焦点を当て、軽量鉄骨造のメリットや選ぶときのポイントについてご紹介します。

賃貸物件の軽量鉄骨造とは?

建物の構造には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造などの種類があり、鉄骨造には「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」があります。
軽量鉄骨造とは、厚さが6mm未満の鋼材を使用して建てられた建物で、一戸建てや2階建てのアパートでよくみられるタイプです。
軽量鉄鋼造では「プレハブ工法」が用いられる場合が多く、規格化された材料を工場で一括生産してから、現場に運んで組み立ています。
現場での作業負担が少ないうえに、工場で生産されるため品質が安定している点がメリットです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

軽量鉄骨造の賃貸物件のメリット・デメリットとは?

軽量鉄骨造のメリットのひとつとして、住宅の建築費が抑えられる分、家賃の安い物件が多い点が挙げられます。
軽量鉄骨造で用いられるプレハブ工法では、部材を規格化して工場で大量生産してから現場に運ぶため、工期が短く済み、建築費が低く抑えられるのが魅力で、品質が安定するというメリットもあります。
軽量鉄骨造は通気性や断熱性が低い点と、鉄筋コンクリート造に比べて遮音性が低い点がデメリットといえます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

軽量鉄骨造の賃貸住宅を選ぶときのポイントとは?

軽量鉄骨造の賃貸物件を選ぶときは、隣の住人がどのような人か確認しておきましょう。
軽量鉄骨造の建物は遮音性が低いため、隣の住人と活動時間が合わない、ペットを飼っているなど騒音トラブルの原因がないか確認しておくと安心です。
また、内見の際には壁を軽くたたいてみると、物件の構造がわかるので参考になります。
軽量鉄骨造の賃貸物件のなかには、壁の両側に石膏ボードを貼っただけで、中が空洞のものもあるため、壁を軽くたたいてみて高い音がしたら防音性が期待できない可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の軽量鉄骨造とは?

まとめ

軽量鉄骨造の賃貸物件はプレハブ工法の建物が多く、建築コストが抑えられるため家賃も安く手頃なタイプが多いのが魅力です。
ただし、軽量鉄骨造は断熱性が低いものや遮音性が低い物件もあるため、気になるポイントを実際に内見で確認してから選ぶようにしましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|賃貸物件のベランダを活用!注意点と活用方法とは?   記事一覧   一人暮らしの食器を選ぶポイントは?必要な数やあると便利な食器を解説|次へ ≫

トップへ戻る