【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の入居審査に落ちる原因と審査に通りやすくなるコツを解説!

賃貸物件の入居審査に落ちる原因と審査に通りやすくなるコツを解説!

賃貸物件の入居審査に落ちる原因と審査に通りやすくなるコツを解説!

賃貸物件の入居審査は、希望する物件に住むために必要な手続きです。
しかし、入居希望者の特徴によっては、入居審査に落ちる可能性があります。
そこで今回は、入居審査に落ちる原因や通りやすくなるコツについて解説します。

入居審査のポイントと期間について

賃貸借契約をする前には、入居審査が欠かせません。
この審査は、家主や管理会社が賃貸経営リスクを減らすことを目的に、入居希望者の収入や信用状況などを確認するものです。
審査の期間は物件や会社によって異なりますが、一般的には3~7日ほどかかります。
入居審査では、下記のポイントがチェックされます。

●入居希望者の勤務先や年収・勤続年数・雇用形態
●連帯保証人の勤務先や年収・入居希望者との続柄


賃貸物件の入居審査では、主に家賃の支払い能力が重視されます。
公務員や大企業の正社員だと、安定した収入があると判断され、審査が通りやすいです。
勤続年数の長さも重視されるポイントの1つで、年数が長いほど良い評価を受けるでしょう。
連帯保証人を利用する場合は、連帯保証人の支払い能力にあわせて入居希望者との続柄も確認ポイントになります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の審査に落ちる原因について

賃貸物件の入居審査で落ちる主な理由を3つご紹介します。
まず、収入に対して家賃が高いことです。
一般的には、家賃は収入の3分の1以下が目安とされています。
もし、家賃が収入の半分以上になるような物件を選んだ場合、家賃を支払えなくなるリスクが高いと判断されて、審査に落ちてしまうでしょう。
次の理由として、雇用形態が不安定なことが挙げられます。
アルバイトや派遣社員などの不安定な雇用形態だと、家賃の支払い能力が不足していると判断され、落ちる可能性が高いです。
最後に、人柄や行動が理由になります。
内覧時の身だしなみや言動により、コミュニケーション能力やマナーが不足していると判断されることがあります。
悪い印象を持たれると、入居後のトラブルを心配され審査に落ちるかもしれません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の入居審査に通りやすくなるコツについて

まず、身だしなみは重要です。
清潔感のある服装や控えめなアクセサリーで、審査に臨みましょう。
次に、手取り収入にあわせた家賃の賃貸物件を選ぶことがポイントです。
家賃を手取りの3分の1以下に抑えると、審査に通りやすくなります。
たとえば、手取り収入が30万円の場合は、家賃は6~9万円以下に収めると良いです。
最後に、安定した収入のある方に連帯保証人になってもらいましょう。
親や兄弟などの親族が連帯保証人となれば、大家さんから高い信用を得られ、審査に通りやすくなります。
これらのポイントを守れば、入居審査がスムーズになるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

入居審査のポイントと期間について

まとめ

入居審査は、家主や管理会社が賃貸経営リスクを減らすことを目的に、入居希望者の収入や信用状況などを確認するものです。
収入が家賃に見合わなかったり、雇用形態が不安定だったりと、支払い能力が低いと判断されると落ちる傾向にあります。
手取り収入にあわせて家賃を決め、安定した収入がある親族に連帯保証人になってもらうと入居審査に通りやすくなるでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?連絡遅延の理由と早く結果を知る方法を解説   記事一覧   賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!|次へ ≫

トップへ戻る