【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > インターネット無料の賃貸物件とは?対応・完備の違いについても解説!

インターネット無料の賃貸物件とは?対応・完備の違いについても解説!

インターネット無料の賃貸物件とは?対応・完備の違いについても解説!

現代社会において、インターネットは水や電気、ガスなどに並ぶ重要なインフラのひとつです。
そのため、賃貸物件でもインターネット無料や、インターネット対応をアピールポイントにしている物件が多く見られます。
今回は、インターネットが使える賃貸物件を探している方に向けて、インターネット無料の賃貸物件の特徴、インターネット環境がない場合に必要な工事などを解説します。

インターネット無料の賃貸物件とは?

インターネット無料の賃貸物件とは、オーナーによって回線が引かれており、入居直後からインターネットが利用可能な賃貸物件のことです。
インターネットの利用料金を入居者自身が負担する必要はなく、プロバイダ契約の手続きをしたり、回線工事を依頼したりする手間もかかりません。
ただし、一部のインターネット無料の賃貸物件は、有線での接続のみに対応している場合があります。
Wi-Fi接続をするためには、別途ルーターの用意が必要になる可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件におけるインターネット対応とインターネット完備の違い

賃貸物件の情報を見ていると、インターネット無料のほかに、インターネット対応やインターネット完備といった言葉を見かけることがあります。
インターネット対応とは、共用部分までの回線工事がすでに済んでいる賃貸物件を指す言葉です。
インターネットを使うためには、ご自身の部屋まで、回線の引き込み工事をしなければいけません。
プロバイダ契約はご自身でおこなうので、利用料金もそれぞれの負担になります。
一方のインターネット完備とは、共用部分への回線工事だけでなく、各部屋への回線工事、プロバイダ契約も完了している賃貸物件です。
入居直後からインターネットが利用でき、基本的には利用料金も負担する必要がありません。
そのため賃貸物件においては、インターネット無料と同義にとらえても良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件にインターネット環境がないときに必要な工事

共用部分までの回線引き込みがすでに完了している賃貸物件の場合、部屋までの回線工事をおこなえばインターネットが利用できます。
ただし、共用部分に引かれている回線の会社以外と契約したい場合は、別途工事が必要です。
そもそも建物に回線が引かれていないインターネット未対応の賃貸物件では、建物まで回線を引く屋外工事と、部屋まで回線を引く屋内工事が必要になります。
工事費用の相場は、物件の状態や契約するプランによって変わりますが、おおよそ1万8,000~4万4,000円ほどです。
また工事費用を無料、あるいは実質無料に設定している業者もあります。
実質無料の場合、分割で支払う工事費用が請求時に差し引かれますが、途中解約してしまうと残金を支払わなければいけません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

インターネット無料の賃貸物件とは?

まとめ

インターネット無料の賃貸物件やインターネット完備の賃貸物件では、入居後直後からインターネットが利用でき、利用料金も発生しません。
インターネットの対応状況は家賃にも関わってくるので、予算や立地なども考慮したうえで物件を選ぶと良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?連絡遅延の理由と早く結果を知る方法を解説   記事一覧   賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!|次へ ≫

トップへ戻る