【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の仮押さえは可能?仮押さえの意味やキャンセル方法を解説!

賃貸物件の仮押さえは可能?仮押さえの意味やキャンセル方法を解説!

賃貸物件の仮押さえは可能?仮押さえの意味やキャンセル方法を解説!

賃貸物件を探している際に「もっと気に入る物件が見つかるかもしれないからとりあえず仮押さえしておきたい」と思うことがあるでしょう。
しかし、賃貸物件の仮押さえははたしてできるのでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件の仮押さえの可否や仮押さえのそもそもの意味、仮押さえした賃貸物件をキャンセルする方法について解説します。

賃貸物件の仮押さえはできる?

原則として賃貸物件をキープする意味での仮押さえはできません。
賃貸物件を借りるのは、あくまでも早い者勝ちであるためです。
したがって、賃貸物件を探す際にはあらかじめ希望条件と妥協できるポイントを考えておき、多くの要望を満たす物件が見つかったら借りるスタンスで臨むことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の仮押さえの意味とは?

賃貸物件を探しているとき、不動産会社から「仮押さえをしますか」と聞かれることがあります。
しかし、この場合の仮押さえの意味は「キープ」ではなく「入居申し込み」である点に注意が必要です。
入居申し込みをする際には、家賃1か月分相当の申し込み金を支払わなければならないことがあります。
申し込み金はあくまでも預り金であり、申し込みをキャンセルした際には返金してもらえます。
ただし、入居申し込み後に賃貸借契約を交わした際には敷金や礼金など初期費用の一部に充当されるケースが一般的です。
また、地域によっては申し込み前に押さえることができる地域もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の仮押さえをキャンセルする方法

賃貸物件の入居申し込みをしたとしても、入居審査に落ちた場合には自動的にキャンセル扱いとなり、申し込み金も返金されます。
一方、転勤など自己都合によるキャンセルの場合には注意が必要です。
基本的に重要事項説明を受けた後でもキャンセルはできますが、その後の契約書にサインをしたならば賃貸借契約が締結し、契約の意思があったものと見なされるため、キャンセルではなく解約の扱いになることがあります。
契約内容によっては違約金が発生する可能性もあるため、入居申し込みをした賃貸物件を自己都合でキャンセルする際には、早めに不動産会社に連絡を入れて対応を仰ぐことが大切です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の仮押さえをキャンセルする方法

まとめ

原則として賃貸物件をキープする意味での仮押さえは不可能です。
賃貸物件を押さえるには入居申し込みが必要ですが、その際には家賃1か月分相当の申し込み金が必要となるケースがあります。
また賃貸借契約後のキャンセルは解約扱いとなり、違約金が発生する恐れがある点に注意が必要です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?連絡遅延の理由と早く結果を知る方法を解説   記事一覧   賃貸物件の中部屋とはどのような部屋?角部屋との違いも解説!|次へ ≫

トップへ戻る