【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の古民家を借りるメリット・注意点を解説!

賃貸物件の古民家を借りるメリット・注意点を解説!

賃貸物件の古民家を借りるメリット・注意点を解説!

新築物件にはない魅力を持つ古民家。
古民家は広く開放的な間取りも多く、ゆったりとした生活を送れるでしょう。
今回は古民家の特徴やメリット・デメリット、古民家を借りるときの注意点を解説していきます。

古民家とはなにか

古民家には具体的な定義があるわけではありませんが、建築されてから50年を経過した建物を指すことが多いようです。
また、一般社団法人全国古民家再生協会は、建築基準法が制定された1950年より前に建てられた伝統的建造物の住宅のことを指しています。
伝統的建造物の住宅とは、金物を使用せず木材のみで建築された住居のことであり、揺れを吸収する構造や柔軟性に優れた特徴があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件として古民家を借りる際のメリット・デメリットとは

古民家のメリットとしては、間取りの広さや木材本来の魅力を感じることができること、コスト面では立地・築年数の面から賃貸物件費用を比較的安く抑えられることが多いでしょう。
また昔ながらの風情が楽しめ、天井が高い物件が多いこともありゆとりのある空間で広々とした生活を送れることでしょう。
古民家はエアコンが普及していない頃に建てられていることが多く、夏を過ごしやすいように工夫がされている点もポイントです。
メリットもある古民家ですが、デメリットもあります。
古民家は市街地から離れた場所に建てられていることが多いため、交通の利便性が悪いことがあります。
気密性が低いこともあり寒暖の影響を受けやすい点や、古民家の状態によってはリノベーションにお金がかかることもあるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

古民家を借りる際の注意点について

古民家を選ぶ際に注意することがあります。
建てられてから長い時間がたっているので、耐震性能に問題がないか確認しておきたいところです。
伝統構法で建てられた古民家は、伝統耐震診断により判断できます。
気になった物件が見つかった際は伝統耐震診断がおこなわれているか不動産会社に確認することもポイントです。
屋根や廊下の劣化がないかを調べることもポイントになってきます。
屋根や床下の状態は住み心地や古民家の安全性にも関係してきます。
屋根が傷んでいれば雨漏りの原因にもなりえますし、床下が傷んでいる状態だと沈みの原因や耐震性にも影響するでしょう。
こういった懸念点を事前に把握し計画を立てて古民家を借りることが大切になります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

古民家とはなにか

まとめ

新築の賃貸物件とは違った味がある古民家は、その特徴から注目されている物件です。
古民家は良い一面もある分、利便性や家の気密性が低いというデメリットがあるのも事実です。
古民家の状態によっては、リノベーションが必要な場合もあり、資金計画を立てることも大切になってきます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|一人暮らしの洗濯機におすすめの種類とは?選び方や注意点も解説   記事一覧   コンクリートブロック造とは?賃貸物件におけるメリットとデメリットを解説|次へ ≫

トップへ戻る