【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 家族で賃貸物件に住む時の間取りは?住み替えのポイントもご紹介

家族で賃貸物件に住む時の間取りは?住み替えのポイントもご紹介

家族で賃貸物件に住む時の間取りは?住み替えのポイントもご紹介

どんなお部屋に住むかということは、快適な暮らしを実現するために重要なポイントです。
ですが家族で暮らす場合、家族全員が満足できるお部屋を探すことは難しいと感じるのではないでしょうか。
そこで今回は、家族で住む場合の賃貸物件の間取りや家賃の目安と住み替えのタイミングについてご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


家族で賃貸物件に住む際の間取りの目安

賃貸物件を探すとき、間取りはもっとも重要なポイントといえるのではないでしょうか。
間取りによって、家族の快適さや生活スタイルが変わってきます。
たとえば、小さな家族やカップルには2LDKで十分かも知れません。
しかし、夫婦と子ども2人の4人家族で住むとしたらどうでしょうか。
LDKを家族のスペースにして、1つ目の部屋を夫婦の寝室、もう一つを子ども部屋にするという分け方が一般的でしょう。
この分け方だと、一人一人の子ども部屋、自宅で仕事をする場合の仕事部屋を確保できません。
3LDKであれば2人の子どもそれぞれの個室が確保でき、4LDKであればさらに仕事部屋を独立させることもできます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

家族で賃貸物件に住む際の家賃の目安

家族で賃貸物件に住むとき、家賃はどのくらいが適切でしょうか。
一般的には、月収の25%以内に収めることが理想的とされています。
これは、生活費や貯金などを考えたときのバランスの良い割合だからです。
手取りの月収から住居費の割合を決めて、残りの金額でそのほかの費用をまかない切れるか考えましょう。
しかし、子どもの年齢によっては、学費や習い事の費用などでお金がかかる時期もあります。
ゆとりを持った生活のために、25%にこだわらず、幅を持って考えましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

住み替えのタイミングや費用

住み替えは子どもの成長や仕事の変動などにより必要となりますが、計画的に進めることが重要です。
費用は引っ越し代、敷金礼金、新居の家具や家電など多岐にわたります。
住み替えは、子どもが生まれる時や、転職や転勤のタイミングなどが考えられます。
新居選びでは家族の人数や生活スタイルに合った間取りや設備を選びましょう。
子どもがいる場合は、成長した後のライフスタイルをよく考えて選ぶことも重要です。
子どもが成長して独立した後は、また住み替えのタイミングかもしれないので、その物件にあと何年住むことになるのかも考慮しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

住み替えのタイミングや費用

まとめ

4人家族であれば3LDK、4LDKの間取りのお部屋だとゆとりがあります。
間取りは家族の人数や生活スタイルに合わせて考え、家賃は収入の25%以内が目安ですが、ライフステージや子供の年齢によって変わってきます。
よくある住み替えのタイミングとしては、出産や転勤、転職などです。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本トレンドリサーチ)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件退去時の掃除の範囲は?キッチンやお風呂の汚れについて解説   記事一覧   賃貸物件の原状回復どうする?壁の画鋲跡やタバコのヤニの対処法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る