【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 一人暮らしの洗濯機におすすめの種類とは?選び方や注意点も解説

一人暮らしの洗濯機におすすめの種類とは?選び方や注意点も解説

一人暮らしの洗濯機におすすめの種類とは?選び方や注意点も解説

一人暮らしを始める際、毎日使う洗濯機をどれにするかは重要なポイントです。
使い勝手やコンパクトさなど、検討すべきポイントは多岐にわたります。
ここでは、一人暮らしの洗濯機におすすめの種類や選び方、注意点について解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


一人暮らしの洗濯機におすすめの種類

現在家庭用洗濯機で主流なのは縦型洗濯機とドラム式洗濯機です。
縦型洗濯機は比較的コンパクトなので、スペースに余裕のない一人暮らしの方に人気です。
また、価格も比較的安めです。
衣類を洗う力が強いので汚れは落ちやすいですが、デリケートな衣類には注意が必要です。
スペース重視、費用重視の場合縦型がおすすめです。
もう一つの主流のタイプで、ドラム式洗濯機があります。
ドラム式は、少量の水で洗濯できて、衣類が傷みにくいというのが最大の特徴です。
洗濯層も、横向きや斜め向きになっており洗濯物の出し入れがしやすくなっています。
機能が充実している分価格は高くなってしまい、本体サイズも、縦型と比べると大型です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

一人暮らしの洗濯機の選び方

次に、一人暮らしの洗濯機を選ぶ上で考慮すべきポイントについて探ってみましょう。
まず、容量は非常に重要な要素です。
一般的に、5kgから7kgの容量が一人暮らしの生活に最適です。
大容量の洗濯機は洗濯物が少ない場合には効率が低下し、逆に小容量だと大きな洗濯物が十分に洗えない可能性があります。
さらに、洗濯槽の素材も重要です。
洗濯層の素材には、主にプラスチックとステンレスがあります。
ステンレス製の槽は錆びにくく、清潔さを維持しやすいためおすすめです。
錆びが少ないことは洗濯機の耐久性を高め、長期間にわたって効果的な使用を可能にします。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

一人暮らしの洗濯機を購入するときの注意点

気に入った洗濯機を見つけた時に、まず確認するべきは搬入経路です。
サイズが大きすぎて自宅まで運べないということがないように、事前にサイズを確認しましょう。
本体サイズプラス10cm必要とされていますが、突起物がある場合は注意です。
また、洗濯機の設置場所のサイズも確認しましょう。
洗濯機を置く防水パンのサイズに合わせた洗濯機でないと、大きすぎておけなかったり、小さすぎておけなかったりする可能性があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

一人暮らしの洗濯機を購入するときの注意点

まとめ

洗濯機の主なタイプは、縦型とドラム式があります。
縦型洗濯機は価格が安くて本体サイズがコンパクトな反面、衣類が傷みやすい面もあります。
ドラム式洗濯機は本体価格が比較的高額で、サイズも大型ですが、衣類に優しく少ない水の量で選択できることが特徴です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件の害虫駆除は誰が負担する?害虫発生の原因も解説!   記事一覧   コンクリートブロック造とは?賃貸物件におけるメリットとデメリットを解説|次へ ≫

トップへ戻る