【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件のサービスルームのメリットとは?活用方法も解説

賃貸物件のサービスルームのメリットとは?活用方法も解説

賃貸物件のサービスルームのメリットとは?活用方法も解説

賃貸物件探しをする際に、マンションの間取り図で「S」という記号を見かけて、気になっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この「S」とはサービスルームの略で、建築基準法で定義された居室の要件に合わない空間を指しています。
本記事では、サービスルームとは何か、メリットや活用方法とあわせてご紹介しますので、物件探しにお役立てください。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件のサービスルームとは

建築基準法に、居室に対する具体的な定義は存在しますが、サービスルームには法令上の定義はありません。
居室と呼べない部屋に対して、俗称的にサービスルームという表現が使われています。
なお、「サービス」の意味は「準備室」との意味も含んでおり、短時間の作業や収納スペースとしての利用が想定されています。
間取り図では納戸や、DENといった表記が使われているケースもあるでしょう。
また、最近では在宅勤務やオンラインミーティングのためのスペースを考慮してか、ワークスペースと表記されている物件も増えましたが、明確な定義は存在しません。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件のサービスルームのメリット・デメリットとは

サービスルームは居室ではないため、部屋数のカウントには含まれません。
間取りが狭い印象を与えるため、通常、家賃が低めに設定される傾向があります。
間取り図では狭く見えがちですが、実際には1部屋分のスペースが確保されている物件もあります。
広々としたサービスルームが付いている賃貸物件では、同じ総面積の物件よりも家賃を節約できる点がメリットです。
しかし、採光や換気に関する建築基準を満たしていないため、日当たりが不十分で、湿気がこもりやすい点がデメリットです。
また、日当たりの悪さはメリットともなり得ますが、通常の居室と同様に利用したい場合には、暗さが気になる可能性があります。
物件ごとに光の取り込み具合は異なるため、事前に採光を確認しておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件のサービスルームの活用方法とは

サービスルームは書斎や作業部屋として、有効に活用できます。
リビングや寝室などとは異なる空間で仕事や作業に集中できるため、気分の切り替えにも効果的です。
また、納戸として衣類や季節ごとの家電、来客用の寝具などを収納するためのスペースとしても、有効に活用できます。
ウォークインクローゼットとしての活用方法もあります。
ハンガーラックを設置して、衣類をサービスルームに整理しておけば、衣替えの際にも便利です。
さらに、暗さを利用した趣味部屋として、シアタールームやお気に入りのコレクションをディスプレイするスペースなどにも活用できます。
お気に入りの本を置いて書斎や書庫などに利用する場合には、光が少なくても問題なく日焼けの心配もありません。
暗さを利用してさまざまな趣味を楽しめるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件のサービスルームの活用方法とは

まとめ

今回は、サービスルームについて概要やメリット、活用方法を解説しました。
サービスルームは居室ではないため、部屋数のカウントには含まれず、間取りが狭く見えますが、1部屋分のスペースが確保されている物件もあります。
物件ごとに光の取り込み具合は異なるため、暗さが気になる場合には事前に採光を確認しておくと良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|シバンムシを駆除したい!発生源や対策についてご紹介   記事一覧   子どもの一人暮らしに仕送りは必要?お部屋探しのポイントも解説!|次へ ≫

トップへ戻る