【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 納戸がある賃貸物件のメリットとは?おすすめの使い方もご紹介

納戸がある賃貸物件のメリットとは?おすすめの使い方もご紹介

納戸がある賃貸物件のメリットとは?おすすめの使い方もご紹介

賃貸物件を探していると、「N」や「S」の表記を見かけます。
この表記は納戸の「N」またはサービスルームの「S」を意味していますが、賃貸物件に納戸があるメリットは何だろうと気になった方も多いのではないでしょうか。
今回は納戸とは何か、メリットとおすすめの使い方をご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件の納戸とは

リビングや寝室など生活や作業などで使用する部屋を、建築基準法では「居室」と呼びます。
「居室」の定義は、日光を取り入れたり換気をするために、床面積の7分の1以上の窓を含む開口部がある部屋です。
逆に定義を満たしていない部屋は「居室」ではなく、「納戸」と呼ばれています。
サービスルームとの明確な違いはなく、呼称が異なるだけで、同じ意味で使用される部屋です。
この他にも大型倉庫や書斎、フリールーム、ユーリティスペース、マルチルームなども、納戸と同じ意味を持ちます。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件に納戸があるメリットとは

納戸は、日光を取り入れるための窓が無かったり、十分な換気機能、コンセントなどの備品が整っていない場合があります。
これらは一見デメリットに見えますが、実はメリットも多く、まず1点目は収納スペースとしての使用が便利です。
オフシーズン時の衣服や家電の保管、各部屋の収納スペースでは足りないくらい大きな荷物も収納できます。
外気の影響も受けにくいため、非常食の保管庫としてもおすすめです。
2点目は他の収納スペースに比べて広いので、収納以外の用途でも十分使用できる点です。
書斎やコレクションルーム、プレイルームなど趣味の部屋として使用できます。
3点目は、家賃が安くなる点です。
見た目は通常の部屋と変わりませんが、建築基準法で居室として認められない部屋であるため、同じ面積の物件よりも安くなる傾向があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件に納戸がある場合のおすすめの使い方

前述のとおり納戸はさまざまな用途に使用できますが、おすすめの使い方3例をご紹介します。
まず、収納としての活用です。
ラックや棚など収納道具を有効活用すれば、高さも有効活用できます。
次に書斎としての活用です。
本棚を置けばたくさんの本を保管できるうえに、日光が直接当たらないので本の品質を保つ空間としておすすめです。
最後は、おもちゃの収納スペースも兼ねた子ども部屋として使用する方法になります。
子どもにとっては十分遊べる広さがあるため、リビングにおもちゃが散らかっていてお困りのご両親におすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件に納戸がある場合のおすすめの使い方

まとめ

納戸は、建築基準法において居室の定義を満たしていない部屋を指し、サービスルームや大型倉庫とも呼ばれます。
書斎や子ども部屋、非常食の保管庫などさまざまな活用方法があるため、ご自身の生活スタイルにあわせて活用すると良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|シバンムシを駆除したい!発生源や対策についてご紹介   記事一覧   子どもの一人暮らしに仕送りは必要?お部屋探しのポイントも解説!|次へ ≫

トップへ戻る