【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件でトラブル発生時の相談窓口は?よくある事例と相談のコツ

賃貸物件でトラブル発生時の相談窓口は?よくある事例と相談のコツ

賃貸物件でトラブル発生時の相談窓口は?よくある事例と相談のコツ

賃貸物件で問題が起きたとき、どのように解決すれば良いか、相談窓口や相談の仕方がわからない方は多いでしょう。
この記事では、賃貸物件でよくあるトラブル事例や相談窓口、スムーズに解決するための相談のコツを解説しています。
入居中の部屋で問題を抱えている方、これから賃貸借契約を結ぶ予定の方はぜひ参考にしてください。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件のトラブル相談窓口

水漏れや給湯器の故障など、設備の不具合は、最初に大家さんや管理会社へ連絡しましょう。
勝手に直接業者へ連絡してしまうと、費用負担や仕上がりに関してトラブルに発展する可能性があります。
騒音やマナー違反など、入居者間で起きたトラブルの相談窓口も、大家さんや管理会社です。
大家さんや管理会社へ相談しても解決に至らない場合や、大家さんや管理会社とトラブルになった場合は、自治体の窓口や国民生活センターへ相談しましょう。
問題解決に向けてのアドバイスや適切な機関の紹介をしてもらえます。
無料で法律に関する問題を相談できる法テラスも、おすすめの相談窓口の1つです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件でよくあるトラブル事例

入居前には、入居申し込みや契約内容に関するトラブルが多いです。
入居申し込みは、本来契約前であればキャンセルは可能ですが、まれにキャンセルを拒否される事例があります。
契約内容をきちんと確認していないと、高額な契約金を求められたり退去時に高額な原状回復費用を請求されたりする事例もあるため、注意が必要です。
また、賃貸物件に入居した後には、設備の不具合や近隣住民とのトラブルが多いです。
ガスコンロ・照明・エアコンなどの設備の不具合や、騒音・においなどは生活してみないと分からない場合が多いでしょう。
他の入居者に駐車場・駐輪場を無断で使用されたり、共有スペースにゴミが置かれていたりする事例もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件のトラブルを相談するときのコツ

トラブルが起きたときは、すぐに相談窓口へ連絡することが、早期解決のコツです。
入居者間の問題や設備の不具合は、長期間放っておくと悪化してしまう可能性があります。
相談時は感情的にならず、問題点を明確に、整理して伝えることが重要です。
証拠写真や動画を撮影しておくと、疑いを持たれたり確認に時間がかかったりすることを防げます。
また、設備の不具合や契約内容は、相談窓口へ連絡する前に契約書を読み直す必要があります。
いつでもすぐに確認できるよう、保管場所を決めておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件のトラブルを相談するときのコツ

まとめ

賃貸物件では、設備の不具合や近隣住民の騒音、契約内容に関するトラブルがよくあります。
基本的に相談窓口は大家さんや管理会社ですが、解決に至らなかったり、大家さんや管理会社と揉めてしまったりした場合は、自治体の窓口へ相談しましょう。
証拠を集めて早めに連絡すると、早期解決できる可能性が高まります。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本トレンドリサーチ)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件にある追い焚き機能の種類とは?ガス代や後付け可能かを解説   記事一覧   賃貸物件の共用部分とは?入居前に知るべき点を解説|次へ ≫

トップへ戻る