【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 保証人不要の賃貸物件のメリット・デメリットとは?不要な理由も解説

保証人不要の賃貸物件のメリット・デメリットとは?不要な理由も解説

保証人不要の賃貸物件のメリット・デメリットとは?不要な理由も解説

賃貸物件を契約する際は、家賃の滞納リスクなどに備えて、保証人を立てなければいけません。
ただし、保証人は代わりに責任を担う立場のため、引き受けてくれる方が見つからないということもあり保証人不要の賃貸物件を選ぶことも検討されます。
そこで今回は、賃貸物件を借りる際に保証人が必要な理由や、保証人不要の賃貸物件のメリットやデメリットを解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件を借りるときに保証人が必要な理由とは

賃貸物件を借りる手続きの中で、きちんと家賃を払うことができるのか、契約者本人の勤務状況や収入について審査がおこなわれます。
本人に十分な支払い能力があっても、借りている途中で収入が無くなることも考えられます。
そういった事態に備えて、賃貸借契約においては保証人が求められることが一般的です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

保証人不要賃貸物件のメリットとは

本来契約の際に必要な保証人の手続きが不要になることで、手続きが簡略化されることがメリットとして挙げられます。
保証人の手続きには、押印や印鑑証明書を発行したり書類に記入してもらったりするので時間短縮になるでしょう。
また、入居者を確保するために敷金を0円にしていることもおおくみられます。
このような場合も、保証人を探す必要がないうえに敷金支払うお金の準備もいりません。
保証人不要物件は、手続きが簡単で初期費用を抑えることができます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

保証人不要賃貸物件のデメリットとは

保証人を必要としない賃貸物件は、物件自体に何か問題がある可能性もあるでしょう。
自宅から最寄りの駅まで距離があったり、事故物件などの告知事項があったり、数年後に取り壊しが予定されていたりなど問題を抱えていることも考えられます。
また、保証人不要物件の場合でも、家賃保証会社の加入を義務付けていることもあります。
保証会社に加入する場合は、保証料や更新料を支払わなければなりません。
場合によっては、金銭的な負担がおおくきなることも理解しておきましょう。
さらに保証人不要物件のなかには、定期借家契約を条件とする物件もあるので注意が必要です。
決められた期間のみ入居できる契約なので、期間満了後は原則退去しなければなりません。
契約前に物件の問題点を確認し、契約を後悔しないよう慎重に決めましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

保証人不要賃貸物件のデメリットとは

まとめ

一般的には、ほとんどの物件で保証人を付けることは義務付けられています。
手続きの手間が少なく初期費用を抑えることができますが、保証会社の利用により負担が大きくなる可能性もあります。
保証人不要の物件を契約する際は、メリット・デメリットを把握した上で契約をしましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|2年契約の賃貸物件は途中解約できる?違約金の発生可否と注意点も解説   記事一覧   賃貸物件でのエアコン故障の対処法とは?トラブル回避のポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る