【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 障害者が賃貸物件を借りづらい理由は?確認事項や支援サービスも解説

障害者が賃貸物件を借りづらい理由は?確認事項や支援サービスも解説

障害者が賃貸物件を借りづらい理由は?確認事項や支援サービスも解説

身体障害者をはじめ、知的障害者や精神障害者でも健常者と同様に賃貸物件を借りられます。
しかし、実際は審査がとおらないケースも多く、障害者が一般的な賃貸借契約を結ぶのは困難です。
そこで今回は、障害者が賃貸物件を借りづらい理由や契約前に確認すること、入居を支援する公的サービスをご紹介していきます。

AFLOへのお問い合わせはこちら


障害者が賃貸物件を借りづらい理由とは

障害者が賃貸物件を借りづらい理由のひとつは、大家さんが不安に感じるためです。
オーナーが障害者に対して偏見を持っていたり、契約している保証会社が障害者を引き受けてくれなかったりすると審査に落ちてしまいます。
とくに耳が聞こえない方には電話での家賃督促が困難になるため、入居できない可能性が高いです。
また、収入面での不安も物件を借りづらい理由です。
低収入だったり安定した職業でなかったりした場合には、障害の有無に関わらず審査に落ちやすくなります。
そのほか、バリアフリー化されていない物件は、身体障害者にとって生活しにくい環境となるため、入居を断られる可能性があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

障害者が賃貸物件を借りる際に確認すること

障害を持った方が賃貸物件を契約するときは、不動産会社やオーナーに理解があるか確認しておくことが大切です。
そのうえで、階数やエレベーターの有無や車椅子で移動できるかなど、移動に困難がないかどうかを確認しておきましょう。
また、補助犬飼育の可否も把握しておく必要があります。
ただ、補助犬が飼える物件はペット可能物件よりもハードルが高く、受け入れてもらえないケースがほとんどです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

障害者が賃貸物件に入居するための公的支援サービス

障害者でもスムーズに賃貸物件へ入居したいなら、居住サポート事業を活用することをおすすめします。
居住サポート事業とは、アパートやマンションを借りる際の支援を提供する福祉サービスです。
障害を持った方が「保証人を立てられない」「家を借りる手続きが難しい」などの理由で困っているときに、物件の紹介依頼をしたり入居の手続きを支援したりしてくれます。
自治体によっては、あんしん賃貸支援事業もおこなっているため確認しておくと良いでしょう。
地方公共団体・NPO・社会福祉法人・不動産関係事業者などが連携し、高齢者や障害者をはじめとしてあらゆる方の入居支援をおこなってくれます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

障害者が賃貸物件に入居するための公的支援サービス

まとめ

障害者が賃貸物件を借りづらい理由は、大家さんの偏見・収入面での不安・バリアフリー物件でないことです。
物件を探す際は、障害に対して理解があるか・移動が困難でないかチェックする必要があります。
公的な入居支援サービスには「居住サポート事業」や「あんしん賃貸支援事業」があるので、利用できるか確認するようにしましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|2年契約の賃貸物件は途中解約できる?違約金の発生可否と注意点も解説   記事一覧   賃貸物件でのエアコン故障の対処法とは?トラブル回避のポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る