【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 大家さんが直接管理している物件の特徴とは?メリット・デメリットを解説

大家さんが直接管理している物件の特徴とは?メリット・デメリットを解説

大家さんが直接管理している物件の特徴とは?メリット・デメリットを解説

多くの賃貸物件では、借主と大家さんとの間に管理会社が入り、管理業務をおこなうのが一般的です。
しかし、なかには大家さんが直接管理している賃貸物件もあり、一般の物件と比べて住み心地やトラブル対応などにおいて違いが生じます。
そこで今回は、大家さんが直接管理する物件の特徴とメリット・デメリットを解説していきます。

AFLOへのお問い合わせはこちら


大家さんが直接管理している賃貸物件の特徴

大家さんの直接管理物件とは、入居者募集や契約、退去手続き、トラブル対応などをすべて大家さん自身でおこなう物件です。
見分け方のひとつとして、契約書の管理者の欄に管理会社ではなく個人の名前が記載されていれば、大家さんが直接管理している物件です。
また、契約前の部屋探しの段階でも、違いを見つけられます。
管理会社が管理している物件では、建物の入り口や駐輪場などに管理会社の看板があるはずです。
看板が見当たらない場合は、大家さんの直接管理物件である可能性が高いと考えられます。
大家さんの直接管理かどうか見分けられないときは、不動産会社に問い合わせるようにしましょう。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

大家さんが直接管理している賃貸物件のメリット

大家さんが直接管理する物件のメリットのひとつは、管理会社に支払う費用がない分、初期費用や家賃が安く設定されている場合が多い点です。
借主と大家さんが直接やり取りや交渉をするため、良い関係性を築ければ優遇してもらえる可能性もあります。
また、設備の故障や住人同士のトラブルなどについても管理会社を間に挟まないため、対応が早い場合が多いです。
大家さんと家族ぐるみで仲良くなり、良好なご近所関係を築けるケースもあります。
大家さんが物件の近所に住んでいる場合であれば、困ったことを気軽に相談できるので、借主にとって安心感が大きくなるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

大家さんが直接管理している賃貸物件のデメリット

大家さんとの関係性が良いとメリットになる点も、関係性によってはデメリットに変わる可能性があります。
大家さんの性格と相性によっては距離感が難しく、干渉が過ぎると感じる借主もいるのは事実です。
また、管理業務に関する専門知識やノウハウがない点は、大家さんと管理会社の違いです。
トラブルの種類によっては大家さんの力量では解決できず、問題が深刻化してしまう可能性もあります。
管理会社のように業者とのネットワークがないため、設備の故障などの際、修繕により多くの時間や費用がかかるケースもあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

大家さんが直接管理している賃貸物件のデメリット

まとめ

大家さんが直接管理している賃貸物件は、契約書に明記されているほか、建物に管理会社の看板がない特徴があります。
大家さんとの関係性によっては優遇があったり、困りごとをすぐ相談できたりする点はメリットです。
一方、大家さんの性格やトラブル解決の力量によっては面倒ごとが増えてしまう可能性もあるため、慎重に検討しましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|2年契約の賃貸物件は途中解約できる?違約金の発生可否と注意点も解説   記事一覧   賃貸物件でのエアコン故障の対処法とは?トラブル回避のポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る