【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件で名義変更は必要?再契約になるケースや手続きに必要な書類も解説

賃貸物件で名義変更は必要?再契約になるケースや手続きに必要な書類も解説

賃貸物件で名義変更は必要?再契約になるケースや手続きに必要な書類も解説

賃貸物件に暮らしていて名義変更が必要になると、実際に変更できるのか不安になるものです。
名義変更が可能なケースや、再契約や新規契約をしなければならない場合を把握しておけば、賃貸借契約の変更時も安心です。
そこで今回は、賃貸物件で名義変更が必要なケースと再契約あるいは新規契約になる場合、手続きに必要な書類をご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件で名義変更を必要とするケース

賃貸物件で名義変更を必要とするのは、苗字が変更された場合と契約中の会社名を変更したときです。
たとえ賃貸物件を契約した方と同一人物だとしても、結婚あるいは離婚により苗字が変わると同じ人物とみなされないのです。
そのため、管理会社や大家さんなどが情報の相違に気づいた場合は、トラブルに発展するリスクがあります。
勤務先からの家賃補助などが停止する恐れも考えられるため、身分証明書を持参のうえ苗字の変更手続きをおこないましょう。
賃貸物件の名義人を会社名にした場合も、社名変更のタイミングにあわせて名義変更しないと、家賃が引き落とされない可能性が考えられます。
問題なく契約更新するためにも速やかに名義変更をおこなうことが大切です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の再契約・新規契約を必要とするケース

名義変更の代わりに賃貸物件の再契約や新規契約が必要になる場合には、死別・離別やルームシェアに関する名義変更などが挙げられます。
死別・離別により名義人が賃貸物件から離れ、それまで結婚していた方が新たに賃貸借契約を結ぶときは再契約または新規契約の対象となり、審査の受け直しが必要です。
また、法人・個人間で名義人が変わるときも、審査通過後に再契約または新規契約をおこない、名義変更する必要があります。
そのため、会社として借り上げていた住宅で今後も暮らし続けたい場合などは、会社から個人へ名義変更が必要になります。
ルームシェアでは、名義人が引っ越しなどで退去した場合に再契約または新規契約が必要です。
ただし、名義人以外の方が退去するケースでは契約変更の手続きのみで完了になります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の名義変更手続きに必要な書類

賃貸物件の名義変更手続きに必要な書類は、名義変更のみのケースと再契約・新規契約が必要なケースで異なります。
名義変更のみ必要なときは、マイナンバーカードや運転免許証など名義人の顔がわかる身分証明書と印鑑を準備するだけで良いです。
再契約・新規契約が必要な方は顔写真付きの身分証明書と印鑑にくわえて印鑑証明や連帯保証人の承諾書、住民票も準備します。
新たに名義人となる方の収入を把握できる書類として、源泉徴収票や確定申告書も手元に用意してください。
なお、名義変更に必要な書類はケースごとに違いがありますので、事前に大家さんなどに確認しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の名義変更手続きに必要な書類

まとめ

賃貸物件の名義変更が必要になるタイミングは、苗字や会社名の変更時です。
法人・個人間の名義変更、名義人の死別や離別、ルームシェアしていた名義人の引っ越し時には再契約・新規契約になります。
名義変更のみの場合は身分証明書と印鑑、再契約・新規契約時は印鑑証明や住民票なども持参しましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|2年契約の賃貸物件は途中解約できる?違約金の発生可否と注意点も解説   記事一覧   賃貸物件でのエアコン故障の対処法とは?トラブル回避のポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る