【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件における狭小物件とは?メリットや住みやすくする工夫を解説!

賃貸物件における狭小物件とは?メリットや住みやすくする工夫を解説!

賃貸物件における狭小物件とは?メリットや住みやすくする工夫を解説!

都心部をはじめ、比較的家賃相場が高いエリアで部屋探しをすると、狭小物件に遭遇するケースも多いでしょう。
聞き馴染みのない言葉ですが、狭小物件とはどのような物件のことを指すのでしょうか。
今回は、賃貸物件における狭小物件とは何か、メリットや住みやすくするための工夫を解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件における狭小物件とは何か

狭小物件とは、15㎡以下の物件を指すのが一般的です。
2017年頃から東京都心で若者を中心にその需要が高まり始め、トレンドに乗じて新築物件も数多く建てられています。
一人暮らしに必要な広さは国の基準で25㎡が目安ですが、狭小物件のなかには10㎡ほどの物件もあり、狭いながらにも生活に必要な設備が一通りそろっているのが特徴です。
ロフトつきがスタンダードになっており、ロフトを寝床や収納場所として活用できます。
物件のなかには、バス・トイレが別になっているケースやシャワールームのみのケースもあるので、選べる物件の幅も広めです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件における狭小物件のメリット

狭小物件には、立地が良いメリットがあります。
とくに利便性の高いエリアは家賃が高いため、郊外に居住するのとあまり変わらない家賃で都会に住めるのは大きな利点です。
また、動線が良いことも狭小物件のメリットに挙げられます。
移動距離も短いので、生活動線や家事動線はスムーズに取りやすいでしょう。
掃除する面積もコンパクトで部屋数も少ないため、お手入れの手間を省けるのは嬉しいポイントです。
無駄のないシンプルな空間で過ごしたい方は、狭小物件への入居を検討してみると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件における狭小物件を住みやすくする工夫

狭小物件を住みやすくするためには、収納グッズを取り入れる必要があります。
床に直接物を置くと圧迫感が出やすいので、壁収納や収納つき家具を活用してみましょう。
そして、暮らしに優先順位を付けるのも重要です。
物を優先させたい場合は、トランクルームを借りるなどの工夫もできます。
トランクルームの大きさにもよりますが、季節外れの家電や部屋に入らない大きな物は別の場所に保管しておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件における狭小物件を住みやすくする工夫

まとめ

賃貸物件における狭小物件とは、15㎡以下の比較的狭い物件のことです。
立地が良い・家賃が安い・生活動線がスムーズなことがメリットに挙げられます。
住みやすくするためには、収納グッズやトランクルームを活用したり、暮らしに優先順位を付けたりすると良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件では名義貸しに要注意!押さえたい概要や違法性・リスクを解説!   記事一覧   生活保護で賃貸物件が見つけにくい理由とは?契約のポイントなども解説|次へ ≫

トップへ戻る